9月27日に放送された「AKBINGO!」(日テレ)では、先週に続き「渡辺麻友vs柏木由紀 最強のアイドルはどっちだ徹底討論」の決着がついた先週は、柏木由紀のすっぴん論争が話題となったこの対決。

風船褒められラリーから対決はスタート。込山榛香は、なぜか「鼻が特徴的」「首が長い」と微妙な褒め方に、MCのウーマンラッシュアワー村本からツッコミが。柏木も「もー」と困り顔。さらに内面を褒めるのに「焼肉の野菜を食べてくれる」とこれまた微妙なもの続き。

そして対決は「息相撲」と呼ばれるAKBINGO!でおなじみの筒を左右で加え虫を吹き合うゲームへ。渡辺チームからは坂口渚沙、柏木チームからは向井地美音と次世代エース対決。「セミの素揚げ」を押し合うゲーム、すでに二人は意気消沈。結果、向井地が負けセミを食べることに。

そして最後は、リーダーがルームランナーで走っている間にクイズに答える「まゆゆきりんDASH」。運動神経が悪いという二人、渡辺はルームランナーをうまく走れずに、規定の速度から遅くしなんとか対決スタート。クイズはなかなか答えられず結果として、6分近く走らされる渡辺。そして次は柏木の番だが…なぜかクイズが簡単すぎると、村本がナレーションの原稿を取り上げ破るというまさかの事態に。そうこうしているうちに、ルームランナーから転げ落ちる柏木。結果として、渡辺チームの勝ちとなったのだが、スタジオは大混乱となり、なぜか柏木チームの込山榛香が大号泣。その涙やメンバーからのクレームに、なぜか号泣?する村本。そして「込山に手紙書いてきた〜」とセミを渡すカオスな展開のまま番組は終了した。

写真(C)AKS