世界に照準を合わせ”World standerd”なアイドルを目指す5人組ユニット「わーすた」が、待望の1stシングル『完全なるアイドル』の発売を記念して、発売日である9月28日からコラボカフェ「わーすた presents 完全なるアイドルCafe」を期間限定で原宿にオープン。店内でメンバーが揃い記者会見が行われた。

「1stシングルは”天使と悪魔”がコンセプト。猫耳を付けて可愛いところもあるけど、途中でヘドバン(ヘドにゃん)したり、今までのわーすたにはなくてすごい新鮮です。1stシングルにしては色々挑戦して、頑張り過ぎたかなっていう感じはあるんですけど、初披露からファンの方にも受け入れてもらえて来て、これから大切に育てていきたいと思います」と話した。

カフェが設置された「AREA-Q」は原宿はもちろん、渋谷からのアクセスもよく、これまでに乃木坂46やUVERworld、VAMPSとのコラボカフェをオープンしたことで注目を集めている。コラボカフェではメンバーカラーをもとに、本人たちがプロデュースしたコラボドリンクや、曲名をもじったスイーツなど、楽しい企画がいっぱい。

店内はシングル『完全なるアイドル』ミュージックビデオの世界観を再現してるということで、廣川奈々聖は「一番は”トールボックス”と思います。MV撮影用のみに用意してくださって、”いつか再現で来たらいいね”って言っていたものがカフェで再現できることになって、このセット本当に可愛いので、是非一度見てほしいです」とアピール。さらに、メジャーデビュー時に原宿をジャックしたポスターや、このカフェでしか見られないオフショット写真、クレーンゲームやガチャガチャもあります!」とPRに余念がない。

客として行くことは?との問いに三品瑠香は「前回の”原宿ジャック”の時にプライベートで来過ぎて、今回は先にマネージャーさんに注意されちゃいました(笑)。」と寂しそう。しかし廣川が「お客さんとしてはダメですけど、お店のスタッフとしてメンバーがいるかもしれないんです!」と話し、「90%くらい」と笑った。

「わーすた presents 完全なるアイドルCafe」はキュープラザ原宿7Fの「AREA-Q」で10月10日(月・祝)までの限定でオープンする。