今年発売された安室奈美恵のシングル『Mint』ミュージックビデオの動画再生回数が1,000万回を突破した。

『Mint』は、男と女の心理サスペンスを描いた関西テレビ・フジテレビ系火曜22時連続ドラマ「僕のヤバイ妻」主題歌に起用され、シリアスかつスリリングなトラックと刺激的なリリックがドラマの展開とリンクしていることから注目を集めた楽曲。『Mint』ミュージック・ビデオは、安室奈美恵史上最多ダンサーとなる総勢36名の女性ダンサーのみで構成された全編ダンスビデオであることでも話題を呼び、テレビの情報番組が一斉にこれを取り上げた程。MV動画公開当初はもちろんのこと、ドラマオンエア終了後もその勢いは止まらず、1,000万回再生を突破することとなった。

また、同曲を収録したシングルは、オリコン週間シングルランキングで4位に初登場し、ソロデビューから数えて、“22年連続シングルTOP10入り”を果たし、“アーティスト歴代単独トップ”の記録を達成した。

現在、安室奈美恵は、自身最多公演数となる34都市88公演の全国ホールツアー「namie amuro LIVE STYLE 2016-2017」の真っ最中。NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソングとしてオンエアされた新曲『Hero』は、主要配信サイトで軒並み1位を獲得し、見事配信チャート10冠を達成した。オリンピック・パラリンピックが終了した今もなお好評で、NHK以外の放送局でも同曲が流れるなど、まさに今年を代表する1曲となっている。

さらに、つい先日、映画「デスノート Light up the NEW world」主題歌&劇中歌を収録した両A面シングル『Dear Diary / Fighter』の発売も発表されたばかりとあって、安室奈美恵の今後の活躍にも期待がかかる。