宮脇詩音のライブで出題される「謎解き」が難しすぎると話題になっている。
この「謎解き」が出題されるライブというのが、宮脇詩音が渋谷マウントレーニアホールにて、9月から12月末まで毎週開催している「Weekly定期ライブ」だ。

入場時に「指示があるまで絶対に中を見ないでください」というメーッセージが書かれた意味深な白い封筒が全員に配られライブがスタート。
特に何の指示も無いままライブは進むのだが、本編が終わると同時に白いマスクに黒のマントを羽織った謎の人物がステージに登場し、制限時間10分以内に封筒に入っている「謎解き」をクリアするように指示がされる。

そして「謎解き」をクリアできなかった来場者には一人一人に“被りもの”が手渡され、少し滑稽な格好をしながら、その後のアンコールを観覧しなくてはならないのだ。既に4公演が開催されている「Weekly定期ライブ」だが、公演回数を増す毎にファンの中ではこの「謎解き」がちょっとした楽しみになっているようだ。

そして、何よりも難問すぎるというのも来場者を熱くさせる要因の1つ。それもそのはず、なんとこの「謎解き」は、クイズ番組はもちろん、最近では「水曜日のダウンタウン」や「月曜から夜ふかし」などのバラエティ番組にも多く出演をしているクイズ王・古川洋平率いる「クイズ法人カプリティオ」が制作しているというのだ。
プロのクイズ作家が考えているだけに、「謎解き」の内容もその日の公演にちなんだ内容となっていたり、実はライブの本編中に宮脇が答えとなるワードを発言していたりと、なんとも凝った作りになっているのも面白いところ。

宮脇詩音の「Weekly定期ライブ」に足を運んだ際は、是非とも難しすぎる「謎解き」に挑戦してみてほしい。