10/1(土)に放送開始となる読売テレビ系・日本テレビ系アニメ「タイムボカン24」の、声優陣・監督による記者会見が9/28に開催。そこでは、同アニメのエンディングテーマに篠崎愛が抜擢されたことと、その楽曲を2ndシングル『TRUE LOVE』として12/7に発売する事が発表された。

このイベントにはゲストとして篠崎愛本人も登場し、初めてのアニメタイアップや最新シングルへの想いを語った。何曲か候補曲をレコーディングし、提出した中で、アニメ制作陣に満場一致で選ばれたという『TRUE LOVE』。篠崎自身も「軽快で可愛く、沢山の人に楽しんでもらえる作品」と、楽曲への期待感と自信を語った。タイアップが決定した時には、過去の“タイムボカン”シリーズに馴染があった篠崎愛の両親も一緒に喜んだという。

2016年の夏にリリースされたメジャーデビューシングル『口の悪い女』では“今までのイメージとは違う篠崎愛”をコンセプトに、“強い女”像を打ち出した篠崎愛。最新作『TRUE LOVE』では、“可憐さや、いじらしい恋心を持つ女性像”を表現していく。真逆のキャラクターのようでいて、同一人物。どちらのキャラクターの一面も併せ持つのは篠崎愛の魅力の1つと言えるだろう。今後も“新たな一面”が見られるであろう篠崎愛の、ソロシンガーとしての活動が展開されていく。