10月とは思えない暑さの中、晴海客船ターミナルにて開催された「コスプレカワイイフェス02」。現役アイドルレイヤーや注目のコスプレイヤーが集まり、参加者がカメラマンになりきって撮影しまくれるという注目のイベント。

このイベントに出場し大きな話題をさらったのは、1日日放送の「有吉反省会」(日本テレビ)に”お尻の汚いグラドル”として出演すると、その天然なキャラクター性と思い切ったカミングアウトで話題集中のオタクな野生児猫娘グラドル青山ひかるだ。

昨夜はあまり睡眠時間しか取れなかったとうで、イベント開始前のTwitter上には「3時間ぐらい寝れたのでなんとかなると思います。(笑)」「コスプレ久々すぎて所々粗が出る←」といった不安のツイートも。

しかし、会場の青山ひかるはハツラツと笑顔を振りまき、カメラマンたちと気さくに会話を交わすなどいつにも増したサービス精神。イベント第一部では「銀魂。」の神楽(2年後)を、二部では「艦これ」のキャラクター球磨のコスチュームを披露。「深夜に妥協したアホ毛はこちらです( ˇ-ˇ )←」とコメントしたように、特徴的なヘアスタイルの再現に一苦労したようだが、「粗が出る」なんて言葉は無かったことになるほどの、クオリティの高いコスプレ姿は絶好調だった。

久々と語っていたコスプレだが、聞けば約4ヶ月ぶりの本格的なコスプレとのこと。現在、仕事のスケジュールはギッチリという嬉しい悲鳴ながらも、仕事プライベート問わずもっとコスプレ機会を増やしていきたいとのことなので、今後のコスプレ機会の増加にも大いに期待したいところだ。