バイト求人サイト「バイトル」の姉妹サイト「バイトルNEXT」のCMがAKB48島崎遥香を主演に迎え「NEXTステージ篇」として10月4日から全国でオンエアが開始される。先駆けて都内某所で発表記者会見が行われ、CMに出演している島崎、指原莉乃、横山由依、渡辺麻友が揃って登壇した。

前CM「(バイト)卒業前篇」では宮脇咲良(HKT48)が涙を流し「ぱるるさん辞めちゃうんですか?」という衝撃なセリフで話題を呼び、”ついにぱるる卒業?”という憶測が一気に広まった。

会見当日、司会の徳光和夫から島崎遥香から発表があると振られると、島崎は「AKB48としての活動は、年内をもって卒業します。最後の握手会は12月24日幕張、卒業公演は12月26日にあります」と告げた。

今回のCMでも「社員になる」という発言が出ていたことで、撮影中に感じるところはあったかと聞かれ「あまり実感がない」と話し、今後の活動について「女優になるんじゃないかって報道があったのですが、女優になる実力もまだないし女優一本で行きますとは言えないです」と謙虚に話しながら、一つだけある夢が「ジブリの声優になること」と意外な告白をした。

この発言に指原は「わたしは誰なんだと言われるかもしれないですが、なれると思います」とエール。同期の横山からは「実際こういう発表をすると、やっぱり言葉が見つからない」と声を詰まらせる場面も。渡辺も「勇気をもらいました」と話し、島崎の卒業へみながエールを送った。

指原は夏頃に電話したとして「こんなに努力が、悩みや不安が外に伝わらない子がいるんだと思いました。」と話し、そして、島崎との約束として「AKB48が移動用に使っているスリッパが汚いので買い替えてから卒業すると約束してくれました」と発表すると島崎より「指原さんのほうが給料高いですよ」と鋭いツッコミが。指原も苦笑いしながら「これからも正直でいてほしいです」とエールを送った。

島崎はファンへ向け「8年間やってきて、話しだしたら長くなり、思うところもあるのですがあと約3ヶ月、それまではAKB48の一員としてアイドルとして全力で取り組んでいきます。もしよかったら、卒業してからも応援して頂けるとうれしいです」とコメントした。