YOSHIKIがリーダーを務めるロックバンドX JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』の世界初プレミア試写が、 現地時間10月3日(日本時間10月4日)、YOSHIKIのホームグランドであるロサンゼルスのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて開催された。

当日のレッドカーペットには、 今回のホスト役としてハードロックの頂点に君臨するKISSのジーン・シモンズ、2015年のサマーソニックにて竹馬でのパフォーマンスが話題となったミュージシャン、 マリリン・マンソンなど、 ロック界を代表するミュージシャンや、YOSHIKIの大ファンを公言するバックストリートボーイズのメンバーA.J.等、 多数が参加した。

さらに「世界で最も稼いだテレビ女優2016」1位に輝き5年連続トップとなったコロンビアの女優ソフィア・ベルガラ、『スパイダーマン』のジョー・マンガニエロ、 『ダイハード2』への出演で知られるトム・バウアーなど、 豪華俳優陣を始め、多数のハリウッド映画関係者の他にも、 日本からはハローキティーデザイナーの山口裕子さんもYOSHIKIの応援に駆けつける程、 映画『We Are X』の注目の高さ、 人気の高さを伺わせた。

試写後に会場が拍手喝采に包まれる中、 YOSHIKI本人が登場し「アメリカに住んで何年も経ちますが、 我々日本のバンドを受け入れてくれて、 本当にありがとうございました。 」と感謝を述べ、 アメリカ国歌をYOSHIKIがピアノで演奏すると、 感極まって涙を流すゲストも多数見られ、最後は会場中で拍手喝采となった。

また、 当日ゲストのマリリン・マンソンが、 予てより噂されているYOSHIKIとの極秘ユニットプロジェクトについてマスコミに暴露してしまい、マスコミからの質問攻めに対し、現在レコーディングを行っている事も明かされると、これまで沈黙を貫いていたYOSHIKIも認めていた。

この模様は「YOSHIKI CHANNEL」で4日夜放送され、 放送内では 「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」の第6弾アーティストとして、 今回7年ぶりにフェス出演となる清春や、日本のヴィジュアルフェスに国際交流で参戦する事となったロシアで人気のロックバンドMumiy Troll、 SPEED OF LIGHTS、 VANIRUの4組の出演が発表された。

尚、 4日の放送がハリウッドから電送中に回線トラブルもあり、 放送時間が遅れたため、 急遽本日5日21時から再放送される事となった。