アップアップガールズ(仮)が、10月5日(水)東京・初台The DOORSにて、単独ツアー「アップアップガールズ(仮)Road to 武道館 LIVE!LIVE!LIVE!」ツアーの初日公演を行った。

本ツアーは、11月8日に控えるアップアップガールズ(仮)初の日本武道館公演に向けて、さらに勢いを加速するための、全曲フルサイズで楽曲披露をコンセプトとする単独ライブツアー。

ライブは、10月11日にリリースされるニューシングル収録される『!!!!!!!!』から弾けるようにスタート。『アップアップタイフーン』で会場全体でタオル回し、エモーショナルな『青春の涙』を披露したりと、ライブ冒頭から観客をヒートアップさせる。そして、佐藤綾乃が作詞し古川小夏が振り付けした『YOLO』からは、メンバーが“武道館に向けて、今みなさんに聴いてもらいたい曲”をテーマに考えた選曲でパフォーマンス。初期のアップチューン『マーブルヒーロー』や、前に進んでいく思いの詰まった『イタダキを目指せ!』など、最近ライブで披露する機会が少なかったグッドチューンを次々と聴かせていった。

ここからは、事前に集めた観客からの質問にメンバーが答えていく、ボックストークコーナー“????????”(クエスチョンクエスチョンクエスチョン)に入る。司会の古川が、まず引いたのは“起きたら古川小夏になっていたら、何をする?”という質問。新井愛瞳が「小夏っちゃんは体が柔らかいから、私は硬いので Y字バランスとか縦開脚をやってみたい」と回答。すると古川の振りで、新井が未完成ながらも Y字バランスを披露。佐保明梨は「(古川になった自分を見て)鏡を殴る」と破壊王ぶりを発揮する。

また“今までいろんなところでライブをしてきましたが、次はどんなところでやりたいですか”という質問には、新井が「日光江戸村とか京都の映画村とかで、アプガが町娘とかの衣装を着たり、「暴れん坊将軍」みたいに馬に乗って登場したい」と答えると、武将好きの仙石みなみが「アプガが侍役とか忍者役になってステージをやったら絶対楽しいと思う。ファンの方もそういう格好をしてもらってライブをやりたい」と回答。さらに佐藤は「私は、みなさんの家に押しかけライブやりたい」と答えた。

そして“「アプガフェス」をやるとしたら、呼びたいグループを教えてください”という質問に、これまで対バンした赤い公園、 Gacharic Spin、イナズマ戦隊や、 PASSPO☆、風男塾、以外にもSPYAIR、WANIMAなど、メンバーの好きなバンド、アイドルの名前が次々と飛び出す。そうした中、仙石からは「戦国武将の織田(信長)さんを呼び戻して、ライブだから“人間 50年”とか舞をやってもらいたい」という珍回答に観客の笑いが起こった。

ライブ後半戦は、ニューシングルから、エレクトロニックなダンスチューン『Future&Past』を初披露。クールなメロディにラップを織り交ぜた歌、ソリッドなダンスで観客を魅了する。さらに、ラストスパートは、『アッパーカット!』『ジャンパー !』『アッパーレー』という盛り上げナンバーをたたみ込み、会場全体を熱く盛り上げた。

アンコールに応えて、メンバーがステージに戻ると、森咲樹が「武道館まで、あと1ヶ月くらいなのに、まさかツアーをやると思ってなかったから正直びっくりしたけど、でも初日をむかえてすごく楽しかったし、私はツアーやって正解だったなって思いました。私たちはライブ大好きだから、この1ヶ月でツアーもやるし、武道館の準備もするし、なによりライブでアプガファミリーに会えるのがすごくうれしいなと改めて思いました」と、ツアー初日の感想を語る。続けて佐藤からお知らせとして、日本武道館公演の正式タイトルが、「アップアップガールズ(仮)日本武道館超決戦 vol.1」に決まったことが明かされた。

佐藤は「 “vol.1”というのは、今回の日本武道館を成功させて、そして次に日本武道館につなげたい、1回だけじゃないんだぞってことを、しっかりと決意として言葉に残したくてつけました。アプガの気合いを受け取ってください!」と声にする。続けて「これから先も、アプガのメンバーからも目を離さないでほしいし、みなさんと一緒に武道館までの 1ヶ月をがんばっていきたいし、武道館が終わってからもそこ終わりではないので、これからがスタートなので、今後とも応援していただきたいなと心底思ってます!」と熱く声にすると、観客から大きな拍手がわき起こった。

最後は、武道館でアプガファミリーと一緒に歌いたい曲として『君という仮説』が披露されると、メンバーと観客の“ラララ”のコーラスが響き渡り、会場が一体感に包まれてライブは締めくくられた。