5日発売のワイン専門誌「WINE WHAT!?」にEvery Little Thingの伊藤一朗が登場した。

伊藤といえば、先日20周年を迎えた持田香織とのユニット「Every Little Thing」のギタリストとして知られ、最近はバラエティ番組などでもその温和な雰囲気で一定のポジションを築くなど活躍しているのは周知のとおり。この20年の間に幾度となく表紙を飾ってきただけに意外な気もするが、実は単独表紙となると今回が初となる。

この20年目の快挙に、伊藤自身も「苦節20余年、初めての表紙となりました。皆さん、ありがとう!是非、チェックしてみて下さいね!」と喜びのコメント。ファンからも「おめでとう」「かっこいい」などの祝福の声が届いた。

編集長は、起用理由について「 「ワインホワット!?」の表紙は女性に登場いただくことが多いのですが、渋さと旬を両方感じられる男性アーティストに登場してもらえないかと思い、伊藤一朗さんにオファーいたしました。ステージやバラエティとは違う表情を表現できたと思います。」とコメントを寄せている。

本誌インタビューでは伊藤一朗流のワインの楽しみ方も明かしており、ファンにならずとも嬉しい内容となっている。20周年を迎えたELTにまたひとつ明るい話題だ。