毎年恒例となった「AKB48じゃんけん大会」。今回で、第7回となり「AKB48グループ ユニットシングル争奪じゃんけん大会in神戸ワールド記念ホール」として2016年10月10日に神戸ワールド記念ホールで開催される。

上位7名がユニットデビューをかけ競う今回のじゃんけん大会。

「AKB48 じゃんけん大会公式ガイドブック2016」編集長である、AKB48グループファンにはおなじみ「あおきー」こと青木編集長に楽しみ方を聞いた。

何より今回は、勝ち進んだメンバーが「センター」「ソロデビュー」など一つの頂点を競っていた今までのじゃんけん大会とは違い、上位7名によるユニットデビューをかけたものとなる。この点について青木編集長は、

「誰が一位になるか予想をしてきた今までは、自分の推しが勝ってくれればいい、で終わっていたじゃないですか。それが、今回は7人のユニットメンバーが選抜されるので、こんなユニットが見たいと各ブロックから選んで…例えば「カワイイ」「スタイルがいい」「歌がうまい」「ダンスが上手い」など、様々な組み合わせを予想するのが楽しいと思います。当然、勝ち負けも重要な部分なので、推しとこのメンバーが組んだら面白いな、など色々と考えると楽しいですね。公式本としては、「AKB48の中で10代の次世代メンバー」という選び方をして表紙に掲載しています。本誌の中でも、渡辺麻友、柏木由紀が「王道アイドルユニット」を選んでいたり、各メディアのAKB48グループ担当がユニット予想したり、識者が予想をしたりしています。そういった、自分だけのユニットを予想しておいて、本番を観るのは凄く楽しいと思います。」

そして、じゃんけん大会の風物詩となっているのが、各メンバーが着ている衣装。ここにも注目してほしいと青木編集長は話す。

「衣装の祭典となり、AKB48グループの衣装を担当する茅野しのぶさんを筆頭とした衣装チームの底力が見られるというか、美の祭典でこだわりが十分に見られると思います。一人一人をこれだけしっかりとリサーチし、個性が際立つように衣装を作るっていうのが凄いと思います。」

最後に、青木編集長の注目メンバーを聞いた。

「JKT48のシンカ・ジュリアニが出場しますが、気合が違いますね。日本でAKB48のユニットに選ばれる可能性もあるので、予備戦でもすごい盛り上がりでした。日本のイベントに出られるというのはJKT48のメンバーは憧れもあり気合が入っているみたいです。また、普段表舞台にクローズアップされることが少ないメンバーが勝ち上がって欲しいです。AKB48からは表紙に出てくれた後藤萌咲ちゃん、そして福岡聖菜ちゃん、久保怜音ちゃん。あとは、ポスト山田菜々の植村梓ちゃん、チーム8の長久玲奈ちゃん、早坂つむぎちゃんとかNGT48の山田野絵ちゃんなど各地の予備戦を勝ち上がってきているメンバーも勝ち上がって欲しいですね。」

総選挙とは違った形で推しメンバーを応援できるじゃんけん大会。また、推しが残念ながら予備戦を通過しなかったというファンにも、また推しがいないあなたにもきっと様々な楽しみ方が見つかりそうだ。

今回、「AKB48 じゃんけん大会公式ガイドブック2016」では、豪華特典が当たる優勝予想を10月8日消印有効まで、また本番を見た上でのベストバウト、ベスト衣装も募集している。詳しくは、本誌を手にとって確認して欲しい。