11月25日から全国で公開される、広瀬アリス主演の映画『L−エル−』。この映画は、波乱の人生を送った女性・エルの「愛」をテーマに人生を綴った物語と、Acid Black Cherry音楽が絡み合う壮大なコンセプトアルバム『L−エル−』をもとにした作品である。

主演の広瀬アリスの他に、古川雄輝、平岡祐太、成田凌、弥尋の劇中写真が到着。悲哀と波乱に満ちた人生を歩むエルというひとりの女性の人生に、大きな影響を及ぼす、魅惑の男性キャラクター達の劇中の姿から、その世界観が明らかとなった。

エルを生涯かけて愛し続ける男・オヴェス(古川雄輝)は雪が降りしきる中、遠くを見つめており、夢を追う劇団青年(平岡祐太)がエルの肩に手を添え抱き寄せているシーンや、元銀行員(弥尋)と添い寝するエルのカット、先日解禁となったパン屋主人(成田凌)の背中にエルが寄り添うカットなどが公開となった。また、特報ではAcid Black Cherryの楽曲に乗せて、画でエルの人生を表現。広瀬アリス演じるエルの姿も確認できる。

彼らと出逢ったことによって、エルはどのような人生を歩む事になるのか今後の続報に注目だ。

(C)2016映画「L−エル−」製作委員会