療養から無事に復帰を果たし、AKB48選抜総選挙では見事に14位にランクインし選抜入りした岡田奈々。今回、「FLASHスペシャルグラビアBEST2016秋号(光文社)」では選抜記念として水着グラビアに挑戦している。

−休養を経ての14位、初めての選抜入り。喜びも大きかったのでは?

岡田
速報(7位)から号泣していました。家で速報を見ていたのですが、すでに休養に入っていたので、圏外の可能性もあるだろうなと。それが、結果的に速報7位。呼ばれた瞬間、声が出ないくらい驚きましたね。ファンの皆さんの愛を感じました。私が戻ってくることを信じて投票してくれている、だから絶対総選挙までには復帰しようって。万全の体調ではなかったですが、総選挙に間に合って本当によかったです。

−休養の理由について、スピーチで「機能性低血糖症」と病名を告白したことも驚きました。

岡田
病名を発表することについては、まわりの人にすごく反対されました。それでマネージャーさんを通じて、秋元先生に相談したら、納得いくスピーチをしなさいって言ってくださって。それで、決心が固まりました。ずっと休養理由を言わずに休み続けることは、ファンの皆さんを裏切ることになるのではないかと思っていたので、きちんと話すことが出来て、自分としても納得できたし、すっきりしました。そういう意味でも、選抜に入って、一人でマイクの前に立って話す機会を与えてもらえたことは大きかったです。もし、アンダーガールズだったら言えなかったかもしれないので。