10月10日、第7回を迎えた「AKB48グループじゃんけん大会」が、初の関西圏開催となる神戸ワールド記念ホールで盛大に開催された。

今年は渡辺美優紀、藤田奈那が栄冠を勝ち取った”ソロデビュー”ではなく、1位から7位になったメンバーがユニットを結成し、CDデビューが約束され、また8位から14位はカップリング曲を担当する「ユニットシングル争奪」。AKB48メンバーまたはAKB48兼任メンバーを除き、予備戦が行われ、本戦出場権を巡り一発勝負の熾烈な戦いが繰り広げられた。このメンバーに「JKT48じゃんけん大会」で優勝したシンカ・ジュリアニを加えた予備戦通過者を含む総勢98名が神戸に集結。思考を凝らした”勝負コスチューム”で己の運を賭けた激戦の結果、7名の”ユニットシングル”メンバーが決定。イベント終了後、報道陣にお披露目され、囲み取材が行われた。

選抜されたのはみごとにじゃんけん大会を制した、AKB48 10年目、柏木由紀、渡辺麻友と同期で3期生の田名部生来をセンターに、準優勝の湯本亜美(AKB48)、以下3位込山榛香(AKB48)、4位渋谷凪咲(NMB48/AKB48)、5位福岡聖菜(AKB48)、6位竹内彩姫(SKE48)、7位野澤玲奈(AKB48)の7名。

地元開催ということで、NMB48メンバーに多くの選抜入りが期待され、NMB48メンバーが登場するとひと際大きな声援が飛んだが、唯一渋谷が選抜入りを果たした。同じくAKB48兼任の白間美瑠も、じゃんけんがとにかく強い藤江れいなも惜しくも敗退の中、渋谷が1回戦から地道に勝ち進んだ。ユニットシングルについては「たなみんさんがセンターなので”お酒”のイメージがあるので、サラリーマンの方にも聞いてもらえるような、”おちょこ一杯音頭”(笑)みたいな、楽しい曲がいいですね」と笑い、地元関西での開催だったことで「耳が痛いほど本当に嬉しい歓声をありがとうございました」と感謝の言葉を話した。

田名部はいちばんこの喜びを伝えたいのは家族だと言い、「辛い時も支えてくれた。いっしょに東京に来てくれて、毎日ごはん作ってくれて、家族が居なけば、AKB48に入ってなかったし、家族にありがとうっていいたいです」と涙を流すと、報道陣から自然に拍手が沸き起こり、みんな”たなみん”のセンターを心から祝った。田名部も出身は滋賀県、初の関西上陸の「じゃんけん大会」で女神は関西出身に微笑んでくれた。