人気ガールズバンドSilent Sirenが5カ国6都市を回るワールドツアーを成功させた。

ワールドツアー「Silent Siren S WORLD TOUR 2016」は単独公演が初となる中国・上海、アメリカ・ロサンゼルス、サンフランシスコを含むインドネシア・ジャカルタ、台湾、香港の世界5ヵ国6都市を廻る大型ツアーであり、4月から約3ヵ月に渡り開催された全国26公演のバンド史上最長のツアー「Sのために Sをねらえ! そしてすべてがSになる」の番外編となる。

ワールドツアー初日、リーダーひなんちゅの第二の故郷とも言えるインドネシア・ジャカルタでの公演で幕を開けた。過去の公演も含めると早くも4度目のステージということもあり、空港では、すでに待つ多くのサイサイファミリーの熱狂的な歓迎を受けた。

公演当日、会場はライブを心待ちにしていたファンで埋め尽くされた。Sツアーの系譜を引き継ぎ『milk boy』で幕を開け、『八月の夜』『女子校戦争』など海外でも人気のナンバーで会場は一気にヒートアップ。メンバーがそれぞれインドネシア語でMCを披露し『secret base〜君がくれたもの〜』ではオーディエンスの大合唱で会場一体となり、横浜アリーナで初披露された新曲『シンドバッド』『チェリボム』を含む全20曲で幕を閉じた。

2ヵ国目は初となる中国上海公演。会場の淺水灣文化藝術中心にはサイサイの今後の中国での活動を期待するサイファミが集まった。4人はチャイナドレスという装いで、中国語歌詞による特別ヴァージョンの『ラッキーガール』を含む全18曲を披露した。流暢な中国語でのMCやサイファミとのQ&A「サイサイコーナー」などファンはもちろん、彼女たちのライブは初めてという観客も楽しめる内容となっていた。中国でも確実にファンを獲得し続ける彼女たちの今後が楽しみな一夜となった。

3ヵ国目はバンド自身初の単独公演となるアメリカ。7月にイベント「J-POP SUMMIT」への出演はあったものの単独ライブでは初。期待と不安が入り交じる中、ロサンゼルスの会場「MI Concert Hall」、サンフランシスコの会場「Slim’s」共に午前中からサイファミの長蛇の列が出来ていた。アジアにはない雰囲気と観客のボルテージの高さをメンバーも楽しみながら、終始メンバーも英語でのMCでサイファミを鼓舞。そしてアメリカということもありメンバーもお気に入りのGreen Dayの名曲『Minority』のカバーを披露。日本から来たガールズバンドが織りなす力強いパンクサウンドがアメリカ人のハートを掴み、大盛況の内ライブは終了した。

 

4ヵ国目は何度も訪れている台湾での公演。老舗となるライブハウス「The Walls」にて開催された。この日を待ちわびたサイファミが大集合し会場はオープンと同時に超満員。熱気と興奮に包まれワールドツアーのラストスパートとなるアツいライブとなった。

 

そしてツアーファイナルとなる5ヵ国目の香港公演は、九龍地区にある巨大ショッピングモールの中にあるイベントホールMusic Zone@E-maxにて開催された。チケットはソールドアウトし、開場を待ちわびるサイファミの長蛇の列がモール内に出来ていた。

客電が落ちると同時に会場は爆発的な大歓声に包まれ、SEと共にメンバーが登場。1年振りとなるライブを楽しみにしていたサイファミの熱狂的な盛り上がりで一気に最高潮のボルテージに達した。全会場を通して現地言語でのMCを行ったメンバー。ここ香港では広東語でのスピーチで魅せてくれた。その一語一句にファンは歓喜し、曲ごとに地鳴りの様な大歓声で応えていたのが印象的だった。

 

香港でのエクスクルーシブは、なんと『ユメオイ』の広東語ヴァージョン。メンバーの素敵なサプライズにサイファミは一気にヒートアップ。ラストナンバーの『ぐるぐるワンダーランド』では会場全体が一体となってタオルを振り回し完全燃焼した。鳴り止まない拍手とアンコールの歓声からステージに再登場したメンバーが目にしたのは「ワールドツアーお疲れ!」という日本語でのメッセージをたファン全員からの逆サプライズ。

そこからアンコールの『シンドバッド』〜『チェリボム』で最高潮のテンションのままエンディングを迎え、S ワールドツアーは幕を下ろした。

 

ワールドツアーを終えたメンバーはこのように振り返った。

 

「次はソールドアウトの公演をもっと増やしたい!」(Vo. & Gu. すぅ)

「また会いに来るという約束を必ず果たします。」(Ba.あいにゃん)

「サイサイファミリーを世界中に増やすことが目標です。」(Key. ゆかるん)

「世界に通用するガールズバンドになりたい!」(Dr.ひなんちゅ)

 

ワールドツアー後の彼女たちは、年末に東名阪3ヵ所を回る年末スペシャルライブ『Dream on!』を開催する。世界を回りさらに一皮むけ成長した彼女たちのパフォーマンスに期待したい。