10月13日(木)TVアニメ「おそ松さん」の初となる舞台「おそ松さん on STAGE〜SIX MEN’S SHOW TIME〜」合同取材が東京公演の舞台である、Zeppブルーシアター六本木にて行われた。

登壇したのは、おそ松役・高崎翔太、カラ松役・柏木佑介、チョロ松役・植田圭輔、一松役・北村諒、十四松役・小澤廉、トド松役・赤澤遼太郎、F6おそ松役・井澤勇貴、F6カラ松役・和田雅成、F6チョロ松・小野健斗、F6一松役・安里勇哉、F6十四松役・和合真一、F6トド松役・中山優貴。

主演を務める6つ子役の6名と、6つ子のイケメンver.であるF6役の6名、計12人が舞台の意気込みを語った。

挨拶はおそ松役の高崎より「大阪での公演を終えて、東京でさらに盛り上がるように頑張ります」と長男らしいコメントからスタート。「アニメにはない、舞台ならではのテンポを楽しんでほしい」(チョロ松役の植田)、「大阪公演を経て、益々期待が高まっていると思うので、さらに皆さんを驚かせたいと思います。」(一松役の北村)などそれぞれが作品をアピール。また、十四松役の小澤は、演じるキャラクターが口を開けていることが多いことから、「演じていると頬が痛くなってしまうのですが、ファンの方にも頬が痛くなるくらい大笑いしてもらえるよう、楽しい舞台にしたいと思います。」となんとも十四松らしいコメント。

また、F6の一松役を演じる安里からは「6つ子に負けないよう、僕らF6も頑張ります!」と熱いコメント。続いてF6の十四松役の和合は「たくさんのお姫様に喜んで頂けるよう頑張ります」とまさに王子様な一言。F6ver.は常にイケメンでキラキラしている役ということもあり、F6役の中で一番イケメンなのは誰?という質問が出ると、満場一致で内面も外見もパーフェクトと絶賛されたF6おそ松役の井澤という結果に。

今回が初舞台となったトド松役の赤澤は、「インパクトのある6人の中でどう個性を出していくかが難しかった」とコメントするも「この舞台でみんな成長しました!」という口振りに兄たちから「さすがトッティ!上から目線だな!」とツッコまれ、6つ子の息がぴったり。

本作は、ショートコント風にいくつものストーリーが重なりながら、6つ子の1日が描かれ、もちろん6つ子以外にも、イヤミ、トト子、チビ太、ハタ坊、さらにはF6も出演。松野家のお茶の間のシーンでは、まるで本当の兄弟なのではと思うほど息ぴったりの6つ子が登場し、冒頭から、「おそ松さん」の世界に引き込まれる。
(C)赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2016