11月25日から全国公開となる、広瀬アリス主演映画「L−エル−」のポスタービジュアルが解禁となった。

解禁されたポスタービジュアルは、「欲しかったのは、愛。」「家族と故郷を失った少女“エル”。愛を求め、人生を彷徨う女の悲しくも美しい物語―。」というコピーが表すように、エル(広瀬アリス)という一人の女性の孤独で壮絶な人生、そしてそのエルを愛し続けるオヴェス(古川雄輝)の一途な姿、想いをドラマティックに表現。また、散った赤い薔薇の花びらの上に横たわり、憂いを帯びたミステリアスな瞳でこちらを見つめるエル、二人が出会った“色のない街”を背景に、優しいまなざしで遠くを見つめるオヴェス。そして、その下には、エルの人生に大きく影響を及ぼす人物たちの姿も見えるビジュアルに仕上がっている。

映画「L−エル−」の原作は、波乱の人生を送った一人の女性“エル”の「愛」をテーマに、孤独で壮絶な人生を綴った物語とAcid Black Cherryの音楽が絡み合う、壮大なコンセプトアルバム『L−エル−』。【CDショップ大賞2016】の入賞作品に選出され、総計20万枚以上の驚異的なセールスを記録するなど大きな反響を呼んでるという。アルバムのみならず、昨夏には物語部分が書籍化され5刷される反響を見せ、今回の映画化など音楽シーンにおいても異例の展開をみせている。また、音楽アルバムからの実写映画化は国内初との事で、その仕上がりも非常に楽しみである。