10月15日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ)には、指原莉乃(HKT48)が登場。普段からアイドルの殻を打ち破る発言の多い指原だが、この日は予告から更にアイドルらしからぬことを語るとして大きな注目に。

登場した指原は写真集「スキャンダル中毒」の美尻写真が「ノーパン」であること。その撮影方法としてバスローブを反対側に着て隠しながら現場入りし、テーブルクロス引きの要領でサッと脱ぐという手法をらためて語った。また、ヌード表紙が話題となった「an・an」グラビアの撮影現場には女性スタッフが多く非常に爽やかで、女性の現場らしく玄米がおいてあるなど、きめ細やかな配慮がされているという裏話も。

ここから話題は指原のアイドルらしからぬ発言エピソードに。これまでアイドルとしてはご法度だった、好きなタイプを同業芸能人の名前で応えてしまうという点に関し、MCの久本雅美から「好きな人は誰ですか?」と振られると、若干食い気味に「山崎賢人!」「それか、もう一人、福士蒼汰くん!」と答えるなどその正直っぷりを発揮。これらの発言にファンも理解を示しているようで、握手会にも「どうも〜山崎賢人で〜す」と現れる50代くらいの男性がいることなどが語られた。

さらにアイドルとして禁じ手であった下ネタの話題になると、「すぐに言っちゃうんですよ。後先のこと考えずに」「もう笑っちゃうんですよね」「下ネタ結構好きなんです」と告白しながらも「AKBグループとして出演する時は言わない」「1人でいる時は太田プロの人間なので言う」といった自分なりのルールを設けていると発言すると、久本やいとうあさこから感心の声が。

この後も禁断であるはずの恋愛対象として「ずっと家にいて欲しい」「ヒモ大歓迎」「とにかく家にいて欲しい」といった告白を行うと、これを不安視した共演の檀れいより「大丈夫か?」といった心配の声がかかり、この日一番の大きな笑いに。

驚くべき発言としてはアイドルでありながらゴシップ大好きという一面を持つ指原は、週刊誌の内容を鵜呑みにするのではなく、タレントならではの情報網を活かし探偵ばりの独自裏取りを行うという仰天告白。それらの裏取り情報は人に言うでもなく、自身のかなで「なるほどね」と消化されるためだけにあるのだとか。これには久本からも「とんだ性格だなぁ!」とツッコミが入るなど出演陣も驚きを隠せない発言連発の回となった。