「有吉反省会」(日本テレビ)10月15日放送にHKT48指原莉乃が出演した。指原は、MCの有吉弘行より「モテない扱いだけど実は美人だと思う芸能人ベスト3」で2位にランクインしたことを発表される。ただ指原は「そもそも別にモテない扱いされていないので言いがかりです」と不服のようだが、本当は美人だなと思うランキングだと有吉からフォローされると「嬉しい」と満面の笑みに。バカリズムからの「顔だけがね」と振られると「顔だけでここまでやってきたので」と指原もノリノリ。しかし、1位が井森美幸、3位が島崎和歌子だとわかると周りから「そういうランキングね」と爆笑が起きる。

この日、反省をしに来た芸能人は、双子俳優の斉藤祥太・慶太、一流おばちゃん女優の上村依子。

斉藤祥太・慶太は俳優感ゼロのブログを反省しに。慶太は解体現場など俳優とは思えない仕事の写真ばかりをアップしファンを困惑させているという。ただ、俳優を辞めたわけではなく、仕事が暇な時に幼馴染の解体業者に頼まれバイトをしているという。また、双子で名前を貸し借りし、女性関係などで使用していると告白すると指原より「クズじゃん」とまっとうなツッコミが。この番組でおなじみのアレクサンダーから祥太は「結構ヤバい」というタレコミも。

上村依子は、私生活では見た目では全く想像ができないようなハイセンスなハデハデ女子だということで反省することに。バラエティー番組に初出演という上村、指原より「きゃりーちゃんとかお好きなんですもんね」と振られると有吉からは「仲本工事さんじゃないですよね?」と確かに似ている指摘が。しかし、過去にはホステス時代もあったと話し、なんと「俺と寝たら(ドラマ)出させてやる」と某俳優のマネージャーから持ちかけられたという芸能界の闇を話しスタジオは騒然。最後は、好きな格好で宣材写真を撮影する禊を受けることとなった。