圧倒的な人気を誇る山本彩に変わる次世代センターの登場が期待されているNMB48。かつて、白間美瑠と共にダブルセンターという形でセンター経験のある人気メンバー矢倉楓子に、現在のNMB48について話を聞いた。

−渡辺美優紀さんの卒業後、矢倉さんから見るNMB48はどうですか?

矢倉
新しい時代に突入したなと感じています。「ウルトラFES」ではデビュー曲の『絶滅黒髪少女』を新しくなったNMB48選抜メンバーで歌わせて頂けて、第二章が始まるんだなと実感しました。ファンの方の評判も凄く良くて「これからのNMB48楽しみになったよ」「かっこよかったよ」と感想を頂いたので嬉しかったです。

−皆さん黒髪に染め直したんですよね。

矢倉
そうなんです!結構な子が染め直してましたよ。わたしはバージンヘアのままだったんですけど。

−SKE48、HKT48もデビュー曲をやりましたが、NMB48が一番だった?

矢倉
私たちはそう思ってます!終わった後に、みんなで良かった!って話しました。全員が、やったるで!って気合入っていたし、一体感があったと思っています。インパクトがスゴイあったと思いますね。

−ウルトラFESまでは渡辺さんがいなくなった実感はなかった?

矢倉
いや、その前もありましたよ。でも、世間の皆さんに、テレビを通してみるきーさんが卒業したんだと見てもらえるのが初めてだったと思うんですね。ずっと応援してくれていたファンの皆さんにはコンサートとかで見ていただいているんですけど。

−意識も変わった?

矢倉
ウルトラFESで、ってわけではなくて、この前の彩さんがいなかったコンサートで、もうすでにわたしたち一人ひとりがグループのために引っ張っていかなければと意識が変わったのかなと思います。

−山本さん不在で行われた神戸のコンサートでは、センター発言が多く出ましたね。

矢倉
NMB48で、みんながセンターになりたいって言えるのがスゴイいい雰囲気だなと思いました。いままでだと、言っちゃいけない雰囲気を勝手にみんなが感じ取って遠慮していた部分があったと思うんですけど、そういう空気がなくなっていました。私もセンターになりたいです、って発信して良いんだよって流れになったのが凄く大きく変わったところだと思います。ファンのみなさんも応援しがいがあると思うし、メンバーも熱くなれると思いますね。

−言い出しづらかった雰囲気は何だったんでしょうね?

矢倉
う〜ん、そこは彩さんが頭一つ抜け出していて、みるきーさんがいて…っていうのがNMB48だったので、そう簡単にセンターになりたいですって言っちゃいけないんじゃないかと…。NMB48は「さやみるきー」ってイメージがファンの方もあったし…でも、それは関係ないよ、みんなが目指していい場所なんだよっていうのがわかった気がします。

−過去に矢倉さんは白間さんとダブルセンターで『らしくない』を発表しています。

矢倉
次世代って言われていたメンバーが初めてセンターになったじゃないですか。その時は「決められてなった」というか…なんかやっぱどこか遠慮していたし、スゴイ怖かったです。ファンの皆さんはどういう風に思っているんやろ?とか、彩さんとみるきーさんもどう思っているんやろ?と思っていたし…。センターなのに「わたしがセンターです」って堂々と言えなかったんです。いままでは、彩さんがセンターでわたしはここで、って決まっていたと思ってたんです。NMB48の子ってどこか変に消極的な子が多いんです、わたしもですけど(笑)。だから、センターになれても色々気にしてしまって。でも、今回のコンサートでバーンとそういう消極的な部分が崩れたなと思います。

−その神戸での記念すべきコンサートで、矢倉さんは殆ど発言してなかったですよね?

矢倉
してなかったですね。実は、わたしはメッチャ客観的に見ていました。「革命が起きている!」と感じながら見てました。

−マスコミ並みに客観的ですね!

矢倉
「NMB48が変わっている、ナウ!」って思ってました。「勝手にセンターになる宣言」が流行語大賞になるなあって(笑)。

−あまりセンターへの気持ちがいまはない?

矢倉
もちろん一人ひとりがセンターを目指していくことが、グループを高めていくことだって解っていて、グループがでかくなって欲しいとは思うんですよ。「NMB48はAKB48を越えることが目標」と総選挙のスピーチでも話したことがあるんですけど、その気持はずっと変わらないんで。でも、センターだけにこだわってはいないです。自分のポジションを見つけたくて。

−確かに、センターになるのって流れもあるだろうし、センターになりたいって宣言するのも誰でもやる気になれば出来るわけで、個性をしっかりと確立して自分のポジションを見つけるほうが難しいかもしれないですね。

矢倉
うん、そうなんです。それこそ、初期のAKB48さんの神7なんて個性が被ってないし、そういうみんなの個性がしっかり出ているのがわたしの理想なんです。いまのNMB48がぱっと並んだときに「みんな同じやん」って知らない人はなると思うんですよ。そこがまず問題点だなと思っているんです。

−ちょっと神戸のコンサートを見ていて違和感があったのは、みんなセンターを目指し過ぎだなと思っていました。

矢倉
そう!わたしは「センターが全てではない」ってその時に思ったし、もちろんみんながセンターになりたいといえることは素晴らしいんですけど、じゃあ「センターになりたいって言ったけど、みんな一人一人何を頑張っているんですか?」ってなるじゃないですか。軽々しく口にし過ぎたらセンターの重みが消えるというか。言ったもん勝ちじゃないですけど…。さっきとは真逆のこと言ってるんですが、良かった部分と悪かった部分が見えたな、と思いました。

−ちなみに、前回当サイトで行ったインタビューで、白間美瑠さんは山本さんに「ルックスで勝っている」とズバリ言いました。

矢倉
えー、すごいぶっ込んでますね(笑)、でも、そういうことなんです!それ凄く良いです!一人一人がそういう部分がないといけないと思うんですよ。

−そういった、山本彩に胸を張って勝てるといえるものがみんな、しっかりあるのかと?

矢倉
そう、わたしは残念ながらいまはないんです。めちゃくちゃ実感していますね。それは、何かを磨いていかないと…ただセンターになりたいって言っても、じゃあセンターになって何が出来るの?ってなっちゃいますからね。だから、この前のコンサートでもメッチャそういうことも後ろで見ながら考えてました。ファンの皆さんの熱は大きくなったし、メンバーも燃えてスゴイ第一歩なんですけど、いま言ったように何が出来るのかとか、理由を見つけなければいけないと思いますね。でも、そういうことも考えるキッカケになったのが、あのコンサートの大きな意味だったなと思います。

−そんなセンター発言が連発された今年のリクアワでは、須藤凜々花、太田夢莉、薮下柊、渋谷凪咲、内木志の『虹の作り方』が1位でした。そして2位が矢倉さんもセンターとして大きく関わる『冬将軍のリグレット』です。

矢倉
メッチャ悔しかったですよ!

−スゴイ、食い気味に来ましたね(笑)。

矢倉
第一回目のリクエストアワーで『冬将軍のリグレット』が8位にランクインして、この曲に対して自分の頑張りが認められたと思って嬉しかったんです。そこから特別な曲になっているんですけど、毎年順位を上げていって去年は3位だったんです。今年も順位を上げたんですけど、1位が若いメンバーの『虹の作り方』で…『冬将軍のリグレット』は古い曲なので、新しい曲が1位になってNMB48の新しい流れを感じたんですが、それがめっちゃ悔しかったですね。まあ、でもNMB48全体のこと考えると良かったのかな〜、希望に満ち溢れていたし。

−やっぱりそこでも、すごい客観的に見てますね。

矢倉
センター曲やらせて頂くまでは自分のことしか考えていなくて、でもセンターに立ってからはグループ全体のことも考えられるようになったんです。だからこそセンターの重みもわかっているから、みんなにもその重みをわかってほしいなと思っています。