安室奈美恵が、映画「デスノート Light up the NEW world」主題歌に決定している新曲『Dear Diary』のミュージックビデオを解禁した。

壮大なバラードソングとして既に注目を集めている新曲『Dear Diary』。ミュージックビデオは、“永遠の海岸線”をコンセプトに制作。いくつもの巨大なガラス瓶が漂う幻想的な海岸が印象的だ。
監督を務めたのは、今年最もオリンピック・パラリンピックを彩った1曲である『Hero』のNHKオフィシャルミュージックビデオを手がけた新宮良平氏。人間誰しもがぶつかるであろう、迷いや葛藤への答えを導き出してくれるような、心温まるミュージックビデオに仕上がっている。

撮影現場では、逆境を味方に変えてしまったこんなエピソードも。
直前まで撮影中止を検討するほどの豪雨だったが、いざ開始時間になると、嘘のように奇跡的な快晴に。逆に、豪雨の影響からか、空気が澄みわたり、美しい空や海や太陽の日差しなどを最高のロケーションに様変わり。撮影にはドローンも使用され、 空や海側から見下ろしているような壮大なシーンが撮影されたという。

さらに、同映画の劇中歌に決定している安室奈美恵『Fighter』のミュージックビデオは来週公開予定とのことでこちらにも期待が高まる。
映画「デスノート Light up the NEW world」は10月29日に全国ロードショー。

主題歌&劇中歌が収録された安室奈美恵のニューシングル『Dear Diary / Fighter』は10月26日に発売。本日解禁された『Dear Diary』MVはCD+DVD盤に収録される。