「NMB48 6th Anniversary LIVE」が神戸ワールド記念ホールにて開催された。

初日公演では、大組閣が行われこれまでのチームを解体。来年1月から各メンバーが新チームで活動することになった。この大組閣では、研究生の山本彩加が正規メンバーに昇格し、同時に新チームNの所属となった。スピード昇格を果たした山本彩加は、一夜にしてシンデレラーガールとなった。初日公演では渡辺美優紀の『やさしくするよりキスをして』を歌いアイドル性の高さを見せ、2日目でも研究生で披露した『スカート、ひらり』では、センターを努め大きな注目を集めた。ビジュアルのみならず、研究生の中でもダンスレベルは群を抜いていて、神戸ワールド記念ホールという大きな会場でも物怖じせず、クオリティーの高いパフォーマンスを見せた。

そんな山本彩加は、2日目アンコール時に16thシングルが12月28日に発売することが発表され、選抜メンバーも発表された。6月にNMB48へ加入したばかりの山本彩加が、いきなり選抜メンバーとして名前を呼ばれた。山本は「実感が無くてまだ何もわからないんですけど、このメンバーの中に埋もれないように全力疾走で頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします」とアピールした。

そして注目メンバーをもう一人。久々に選抜メンバーに名を連ねた城恵理子だ。城は2期生としてNMB48に加入。山本彩加ほどの早さではないが、2ndシングル『オーマイガー!』の選抜メンバーに加入5ヶ月で選ばれ当時注目された。その後、NMB48を卒業し復帰をするのだが研究生として活動を再開することになった。復帰宣言はNMB48の3周年公演アンコール明けの発表だった。電撃復帰を果たした城だが、そこから約2年もの間、選抜メンバーに復帰することは無かった。2015年7月に発売された12thシングル『ドリアン少年』で選抜メンバーに復帰することができたのだが、また選抜から遠ざかっていた。今回、ようやく選抜メンバーに選ばれた城は「私は『ドリアン少年』以降はずっと選抜落ちをしまして、その時は自分がいけないところはわかっていたんですけど…本当に悔しかったんですけど、そこからファンの方に気持ちを伝えようと思って頑張りました。こうやって選抜入りできたのは本当にファンの方のお陰です。今は胸を張って選抜と言える自分がいます。以前にセンター宣言をした身としては、もっともっと上を目指して頑張りますので宜しくい願いします」と意気込んだ。

この他にも、初選抜にはポスト山田菜々オーディションでNMB48に加入した植村梓、ドラフト1期生の内木心 4期生の川上千尋が初選抜メンバーに選ばれた。

今回の「NMB48 6th Anniversary LIVE」、そして16thシングルで大きく変わろうとしているNMB48。新しく、そしてもう一度チャンスを貰ったメンバーがどうNMB48を熱く、楽しく盛り上げてくれるのか、楽しみだ。

写真(C)NMB48