ニットのリッチなイメージと、ベストの使い勝手をミックスさせたのが、最後にご紹介するニットベスト。アイテムとしての重要度が低いため、なかなかお持ちでないというのが実状かと思いますが、そこが実はポイントで、だれももっていないからこそ周りと差がつく。すなわちお洒落に見えやすいということを覚えておきましょう。

タフなレザーブルゾンを大人たる装いにアップデート


ここでの“大人たる”という言葉に込められているのは、リッチさとエレガントさ。ともに若者のカジュアルスタイルと一線を画すために不可欠な要素です。柔らかなニットでリッチに、フォーマルなベストでエレガントに、1枚で2つの要素を演出するニットベストは、「ほかの人となんだか違ってお洒落」という印象をあなたにもたらします。


スーツに挟んでワンランク上のスーツスタイル


ニットベストはその特性上、フォーマルすぎず、カジュアルすぎでもない、ドレスとカジュアルのちょうど間に位置するアイテム。よって、カジュアルのみならずスーツスタイルにとり入れれば、このようにスーツは垢ぬけて見えるというわけ。エレガントなのに嫌味がない、ワンランクもツーランンクも上のスーツスタイルになります。スーツのチェック柄の赤とニットベストの色味を揃えるとなおお洒落ですよ。


エレガントな色と柄で、個性もお洒落も自在に演出可能です


ニットベストは時代によって変化するものではないので、シックな色味と差し色として活躍する色味を揃えておくのがおすすめ。レイヤードを楽しむためにも、薄手で手触りの柔らかな、上質な一枚を選びましょう。そうすれば末長く使えるので、コストパフォーマンスも向上します。