70年代水沢アキデビュー直後から20年に渡る女優の美の軌跡を700点にのぼる作品で余すところなく表現した篠山紀信伝説の激写作品!







水沢アキ(みずさわ・あき) 12月5日生まれ。東京都出身。17歳のときにスカウトされ、テレビドラマで主役デビュー。以後、テレビドラマを中心に舞台、映画に多数出演。また、司会、コメンテーターとしても活躍。雑誌『GORO』の激写撮影で篠山氏と出会い、20年間にわたり撮影が続けられた。その集大成とも言える『AKI MIZASAWA 1975-1995』(小学館)が刊行される。