2000年にアメリカで誕生したフィットネスプログラム「クロスフィット」。一般的なフィットネスと違い、様々な種類の動作を組み合わせたメニュー内容が特徴となっており、年齢や運動経験を問わず、誰でも気軽にエクササイズできるという。詳しい内容を『Reebok CrossFit Daikanyama』の猪野あずささんに聞いた。

■今回のアドバイザー
Reebok CrossFit Daikanyama
大島怜子さん


代官山にあるクロスフィット専門ジム。鉄棒、登り縄、吊り輪、フリーウェイト、ケトルベル、ローイングマシーン、縄跳びなど、クロスフィットに必要な器具を完備しており、様々なトレーニングができる。


日常に近い動きが多いクロスフィットなら、運動経験がない人でも大丈夫


猪野さん「クロスフィットは、体力の底上げをするのに効果的なトレーニングです。個人のレベルにあわせて運動量を調節できるので、年齢を問わず、誰でも始めることができます。日常生活に近い動きのトレーニングも多いので、運動経験がない人でも大丈夫です。

トレーニングの内容は、『ウォームアップ』、『ストレングス(筋トレ)』、『WOD』の3つで構成されています。WODとは、ランニングやバーピージャンプといった有酸素運動や、懸垂や腕立て伏せといった器械体操、重たい物を扱ったトレーニングといったウエイトリフティングをバランスよく行うワークアウトのこと。基本的なワークアウトは、1日1回60分が目安となります」



複数のメニューを組み合わせることで飽きずにできるのがクロスフィットの魅力


猪野さん「一般的なトレーニングというと、ランニングだけ、筋トレだけ、ストレートだけ…というように、単的な動作が多いのに対し、クロスフィットは一度に複数の動作を行います。なので、全身をバランス良く鍛えることができるのです。

これだけ聞くと、そんなに動けるか不安と思われる方もいるかもしれませんが、初心者は、まずはシンプルな動きだけで大丈夫なので心配ありません。むしろ色々なトレーニングができるので、すぐ飽きてしまうという心配も少ないと思います」



生活リズムにあわせて行うクロスフィットなら出勤前のトレーニングも快適


「どんな方でもすぐに始めることができます。クロスフィットは、何時に行っても効果は変わらないので、自分の生活リズムに合わせてトレーニングをすることが可能です。当店では、朝の6時30分からのクラスもあるので、出社前のビジネスマンの方々にも多く参加していただいています。

もちろん、毎日出る必要はありません。週に2〜3回と決めて、出勤前の日課にしていただくことをオススメします」



最後にアドバイザーからひと言


「やる気があれば、年齢も体格も運動経験も、何も関係ないのがクロスフィットです。まずは3カ月継続してみましょう!」