アメ車好きならきっとニヤリとし、ドイツ車好きは少し眉をひそめそうなクルマ。それがクーペスタイルのピックアップトラック、シボレー「エルカミーノ」だ。エルカミーノは、お笑いタレントの明石家さんまの愛車としても知られていた。彼のお気に入りの映画である『ボディガード』でケビン・コスナー演じるフランクが乗っていた1987型エルカミーノと同型を所有し、映画のモデルとそっくりにオールペイントしていたという。エルカミーノとはスペイン語で「道」という意味。アメリカならではの“ピックアップトラック文化”を根づかせたといえるクルマのひとつで、1987年に製造終了してから30年たった現在も多くのファンをもつアメ車だ。

アメリカ西海岸ではビンテージカーとして高額で売買されている初代エルカミーノ


エルカミーノは、ゼネラルモーターズ(GM)がシボレーブランドで製造・販売していたピックアップトラックだ。乗用車をベースにし、後ろ側を平らにしたトラックタイプで、「クーペ・ユーティリティ」とも呼ばれていた。

初登場は1959年で、先に登場したフォード「ランチェロ」に対抗するべく、シボレー「インパラ」の車体を基本に、2人乗りのトラックとして開発された。その当時の流行だったテールフィンや、タイヤに覆いかぶさるフェンダーのデザインが特徴だ。しかし、ランチェロの人気には及ばず、3万台ほどしか売れなかったために製造が打ち切られることになった。

この初代のモデルは、ビンテージカーとして人気で、アメリカ西海岸では高額で取引されている。日本国内ではまずお目にかかれないだろう。





保険が安いエルカミーノ、サーファーの若者たちから女性やシニア層へと人気が拡大


ところが、4年後、ランチェロの人気が衰えないことに業を煮やしたGMは、今度はシボレー「シェベル」をベース車両として再びエルカミーノを復活させた。

その後、幾度かモデルチェンジを重ねた後、エルカミーノの名前を知らしめたのが、1968年から1972年の間に発売された7400 ccのV8エンジンを積むモデルだ。それまでの乗用車然としたボディデザインから、スポーティなスタイルにしたことで、若者の心をつかんだ。

サーフィン全盛の西海岸では、このエルカミーノにサーフィンボードを積んで波乗りポイントに出掛けることが流行った。また、トラックに分類されるエルカミーノは、保険の掛け金が割安で、これも人気の理由のひとつだった。







そして1978年には、すでに製造中止になっていたシェベルからシボレー「マリブ」をベースにした、より車体サイズが小さくなったエルカミーノが登場する。都市部でも馴染むようにデザインが変更され、フロントマスクには角型並列4灯のヘッドライトに大きなグリル、モールが多用され、若者だけでなくシニア層や女性にも受け入れられることになる。メイン写真と下の写真は、1973〜1977年の間に発売された4代目エルカミーノだ。




エルカミーノは、アメリカ独特のカルチャーや生活習慣を色濃く象徴したクルマ


1984年には、エルカミーノはアメリカ本国ではなくメキシコで製造されることになった。そして、1987年モデルを最後に、シボレーのピックアップトラックの地位は「S-10ピックアップ」に移行されることになる。L.A.のメキシコ人がエルカミーノを好むのは、メキシコで製造されたクルマで、憧れのクルマでもあるからだ。

筆者は20年ほど前、偶然だが、このエルカミーノに乗ったことがある。L.A.で知り合ったアルゼンチン人のアルベルトが最終モデルに乗っており、彼の趣味のスカイダイビングについて行った際、フリーウェイを運転させてもらった。いわゆるアメ車らしいアクセルを踏めばググッと加速し、トラックだから固めの乗り心地かと思いきや意外とソフト。2シーターで後ろがないから、後方の視野が抜群によかった記憶がある。

それにしても、なぜアメリカでは、荷物が積めるピックアップトラックの需要が高いのだろうか。牧畜などのカウボーイだけでなく、一般的な街でもファミリーカーとしてもよく使われている。

そのひとつの理由に、車両価格と保険などのランニングコストが安いことが挙げられる。また、アメリカ西海岸では賃貸住宅に住む人も多く、よりよい暮らしを求めて引っ越しをする考え方がある。そうしたことから、家族のクルマのうち1台はピックアップトラックを選ぶそうだ。エルカミーノは日本の文化にはない、アメリカ独特の文化の影響を色濃く象徴したクルマといえるだろう。