40代以上のライダー、あるいはリターンライダーを志す男たちの間で、ハーレーダビッドソンと人気を二分しているドイツのBMW。ところが、最近になってそのバロメーターにも変化が現れているという。その要因となったのが、2014年4月に日本でリリースされたロードスポーツモデル、BMW『R NINE T(アール・ナイン・ティ)』。BMWモトラッド創業90周年を記念して開発されたこのモデルは、いわゆる「カフェレーサー」のスタイリングで、さまざまなカスタマイズをすることを前提に造りこまれたバイクだ。2016年10月、この『アール・ナイン・ティ』をベースにしたスクランブラーモデル、『R NINE T SCRAMBLER(アール・ナイン・ティ スクランブラー)』が発売される。

オンロードバイクを悪路用に改造し、浅間山火山レース等で活躍したスクランブラー


BMWに乗るライダーはハーレー乗りと違い、ハンドルやマフラーを換えたり、外装を大きく換えたりすることを敬遠する傾向がある。しかし、『アール・ナイン・ティ』は、カスタムしやすいように、リアフレームが取り外し可能で、オプションのシングルシートに変更できるようになっている。これには保守的なBMW乗りも驚いたに違いない。そこに2015年のイタリア・ミラノショーで発表されたのが、『アール・ナイン・ティ』をベースにしたスクランブラーモデルを発売するというニュースだ。

2016年10月に国内販売される『スクランブラー』は、メーカーが仕上げた未舗装路も走れるモデル。スクランブラーとは、「緊急発進」を意味するが、ジェット戦闘機のスクランブル発進とはまったく違う。それは1960年以前のバイクレースに起因する。

当時は、日本の浅間火山レースなど不整地でのレースも多く、また現在と違ってオフロード専用のバイクがなかった。そこで、オンロードのバイクをオフロードも走れるように、タイヤやマフラー、ハンドルを改造し、レースに臨んだそうだ。スタートは横一線にバイクを並べ、スタートフラッグとともに全車一斉にダッシュ。そこから、このようなレースを「スクランブルレース」、バイクを「スクランブラー」と呼ぶようになった。スクランブラーという語感には、半世紀前の熱い想いがこもっているのだ。





40代ライダーに人気のBMW『R NINE T』をベースにしたアップマフラーなどを装着


『スクランブラー』のパワーユニットは、既存の『アール・ナイン・ティ』と同じく、排気量1169cc、空油冷フラットツインのボクサーエンジン。フロントタイヤを17インチから19インチに拡大し、フロントフォークには泥ハネがつかないようブーツが装着されている。そして、不整地でのハンドル操作が効くようアップハンドルを採用し、またスクランブラーの証しともいえるアップマフラーが装着されている。





記事執筆時点では発売前のため、まだ試乗はできていないが、『アール・ナイン・ティ』の完成された「走る」「曲がる」「止まる」を引き継ぐのだから、そのバランスの良さは想像に難しくない。ただし、『アール・ナイン・ティ』で評判の良かったシート高785mm(空車時)が、35mmほど高い820 mm(同)となっているので、足つき性は少々悪くなっている。

また、『アール・ナイン・ティ』より2kg軽くなっているとはいえ、車重が220kgあるので、モトクロッサーのようなジャンプは怪我の元だ。大人のバイクには大人のバイクらしい楽しみがある。無茶なジャンプより、むしろライディングファッションにこだわりたい。





『スクランブラー』を完成させるためにBMWモトラッドが用意した多彩なオプション


不思議なのは、『アール・ナイン・ティ』がスポークホイールなのに、『スクランブラー』はキャストホイール仕様であること。オフロード仕様ならスポークホイールの方が利点はあるはずだが、公式サイトのオプションを見ると、クロススポークホイールが用意されていた。「ブラックアルマイト処理が施されたクロススポークホイールは、クラシックなスクランブラーの外観を完ぺきに仕上げるアイテム」と説明文があるが、これは標準装備にするべきだろう。

しかし、このアクセサリー・オプションには、いくつかうれしい装備もあった。スクランブルレースを彷彿させるゼッケンプレートのような、アルミニウム製のナビゲーションシステム用ホルダー。これはBMW モトラッド・ナビゲーション機器とスマートフォン用クレードルの取り付けが可能だという。

また、ヘッドライトの前に付ける、ヘッドライト保護グリルも用意されている。公道での使用は不可だが、ライダーをその気にさせる装備だ。シートなど『アール・ナイン・ティ』のオプションも換装できるので、自分なりの『スクランブラー』にカスタムできるのがうれしい。「パリダカ」カラーのスクランブラーもきっと出てくるに違いない。

そして、自分なりに仕上げた『スクランブラー』でツーリングに行くなら、やはり北海道だろう。幹線道路を外れると、未舗装道路も多くある。思うままに気楽に旅を操れるのは、スクランブラーだけの特権だ。