コンパクトハッチバックの「Aクラス」から大型のサルーンの「Sクラス」、そして、「GLシリーズ」や「Gクラス」などのSUVに至るまで、あらゆるクラスにAMGモデルを設定するのが現代メルセデスの流儀。しかも、クラスだけではなく、どの車種にもAMGモデルが複数ラインナップされている。そんななかで、メルセデスAMGが送り出したのが「C43 4MATIC(4マチック)クーペ」だ。V8エンジンを搭載した「C63」よりも気軽につき合える、V6エンジン搭載のクーペモデルである。

普段使いや休日ドライブには十分な性能のメルセデスAMG「C43 4マチッククーペ」


CクラスにはさまざまなAMGがラインナップされているが、これまでメルセデスAMG「C43 4マチック」のクーペはなかった。V8エンジンを搭載するC63ほどの性能は必要としないが、AMGのパフォーマンスが欲しいというニーズに応えるのが、このクーペモデル。そういう意味では、満を持しての登場といえるだろう。

搭載されるエンジンは、セダン、ステーションワゴンと同じ3.0LのV6ツインターボ。367ps/5500〜6000rpmの最高出力、そして53.0kgm/2000〜4200rpmの最大トルクは、476ps、66.3kgmを発揮するC63には及ばないが、普段使いや休日のドライブには十分以上のスペックだ。

さらに、走行モードに合わせてサウンドが変化する「AMGエクゾーストシステム」により、まるでレーシングカーのようなサウンドを堪能することも可能。一般道では、過剰なパワーを抑えながら走らざるを得ないC63よりも、C43 4マチック クーペのほうがドライビングプレジャーは高いかもしれない。





「AMGダイナミックセレクト」により、シーンに合わせた走行モードが選択できる


走りをもっと愉しく、上質にするための仕掛けは車体全体に及ぶ。エンジンパワーをダイレクトに受け止めるトランスミッションには、スムーズかつスポーティな加速を実現する9速ATの「9G-TRONIC(ナイン-ジートロニック)」を採用。1720kgのクーペボディを4.7秒で100km/hに導く。

4WDシステムの「AMG 4マチック」は、速さだけではなく、安定した走りを提供してくれる。通常の4マチックとは違い、スポーティな走りにも対応しているのが特徴で、意のままのドライビングを味わうことが可能だ。







サスペンションは、3つのモードが選択可能な「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」を搭載。また、センターコンソールの「AMGダイナミックセレクト」スイッチにより、「Comfort(コンフォート)」「Sport(スポーツ)」「Sport plus(スポーツプラス)」、そしてサーキット走行専用の「RACE(レース)など、5つのモードにセッティングできる。シーンに合わせた走りをセレクトできるのも、日常的に使うクーペには嬉しい装備である。


価格は915万円、上位グレード「C63」よりお得感のある「C43 4マチッククーペ」


もちろん、ベースのCクラスに搭載され、世界的に評価を得ている「アクティブレーンキーピング」や「レーダーセーフティパッケージ」といった最新の安全・運転支援技術も標準搭載。あらゆる面において、抜かりないのだ。

なお、C43 4マチッククーペの追加に伴い、「7G-TRONIC(セブン-ジートロニック)」が「9G-TRONIC」にアップデートされるなど、セダンとワゴンにも一部改良が施された。



C43 4マチッククーペは、Cクラスのスタンダードなクーペとトップグレードである「C63」の中間に位置するパフォーマンスカー。とはいえ、内外装は大きくは変わらないので、所有感はC63に負けずとも劣らない。

価格は915万円。上位グレードのC63クーペが1246万円であることを考えると、C43 4マチッククーペはお買い得度も高いモデルだ。