米マーベルが制作するテレビドラマ「パニッシャー」に、ベン・バーンズがレギュラー出演することが明らかになった。TV Lineが報じている。

 「パニッシャー」は、家族を殺害されたことがきっかけで私刑執行人となったダークヒーローで、Netflixが独占配信する「デアデビル」シーズン2に登場。制作が決まった「パニッシャー」はスピンオフで、ジョン・バーンサル(「ウォーキング・デッド」)がパニッシャーことフランク・キャッスル役を演じることになる。バーンズの役どころは不明だが、パニッシャーの敵を演じることになるという。

 マーベルは、Netflix向けに「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」と、ニューヨークを舞台に活躍する異なるヒーローを題材にしたドラマを制作。さらに4人のヒーローがクロスオーバーする「ディフェンダーズ」の準備も進めている。

 バーンズは、「ナルニア国物語」シリーズのカスピアン王子役を演じたイギリス俳優として知られている。近年は、ジョナサン・ノーラン(「PERSON of INTEREST」)が製作総指揮を手掛けるSFドラマ「ウエストワールド」に出演している。