武装強盗とギャングが全面抗争を繰り広げるフランス映画「ザ・クルー」の予告編と場面写真が、このほど公開された。

 実在のハイジャック事件を基にした、映画「フランス特殊部隊GIGN エールフランス8969便ハイジャック事件」のジュリアン・ルクレール監督がメガホンをとったクライムアクション。ヤニス率いる武装強盗団は、ひょんなことから凶悪なギャングに素性を知られ、仲間と家族を人質にとられてしまう。別の組織から麻薬を強奪してくるよう命じられたヤニスは、犯行当日にギャングを裏切り、一世一代の賭けに出る。

 予告編は、ギャングに「お前が来るか 家族が死ぬか」という極論を突きつけられ、麻薬強奪を強要されるなど、ヤニスが追い込まれていくさまが映し出される。だが「ブツは連中に渡さない」とヤニスが宣言したことから事態は一変。ギャングとの壮絶バトルに発展し、銃撃、爆破、車の炎上シーンなど、過激なアクション描写が連続する。一方、場面写真はヤニスが武器を構える場面を切り取っており、その鋭い眼光から戦いの緊迫感が伝わってくる。

 なおキャストは、「スズメバチ」「デイズ・オブ・グローリー」のサミ・ブアジラが主演を務め、「ぼくを探しに」のギョーム・グイ、「あの夏の子供たち」のアリス・ドゥ・ランクザンらが共演。「ザ・クルー」は、10月22日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開。