現代最高のチェリストと評されるヨーヨー・マ氏に迫ったドキュメンタリー映画「The Music of Strangers」が、「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」の邦題で2017年3月に公開されることが決定した。

 ヨーヨー氏が、自ら2000年に立ち上げたアーティスト集団「シルクロード・アンサンブル」と演奏する姿や、世界中の音楽仲間たちと文化の垣根を越えた音楽活動を展開する様子から、そのエネルギッシュな生き様を映し出す。第86回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」のモーガン・ネビルが監督を務めた。

 本編には、本人の幼少期の貴重な映像やインタビューをはじめ、親交が深い作曲家のジョン・ウィリアムズタン・ドゥン、ジャズ歌手のボビー・マクファーリンなどの証言を収録。さらに、J・S・バッハの「無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007」、オリビエ・メシアンの「世の終わりのための四重奏曲」、カミーユ・サン=サーンスの組曲「動物の謝肉祭第13曲白鳥」など、名曲の演奏シーンが収められている。

 「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」は、17年3月から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマシネスイッチ銀座ほか全国で公開。