女優・モデルの筧美和子が、10月5日スタートのTOKYO MX系ドラマ「CRAZY」で連続ドラマ初主演を飾ることがわかった。アイドル役に扮し、歌やダンスに初挑戦。さらに主題歌「魔法なんかいらない」の作詞を手がけている。

 ドラマは、人気急上昇中のアイドルグループ「CRAZY」の“黒いシンデレラストーリー”を描く。ライブを終えたCRAZYのメンバーは次の撮影現場に向かうが、そこは薄暗い倉庫。何者かによって外鍵が閉められ、密室に取り残されてしまう。翌日にはグループの存亡をかけたイベントが控えており、所属事務所の社長には「CRAZYメンバーをお預かりしました」とメールが届く。

 筧は、他のメンバーから嫌がらせを受けている新人・柚木芽衣子に扮している。「朝から晩まで地下にずっとこもって撮影をしていた」そうで、「本当に閉じ込められている感が出ていて、とても臨場感が出ていると思います」と語る。そして、ドラマの見どころを「毎週見るごとに、自分のなかでこいつが犯人じゃないか、と想像して見てもらえたら面白い」と明かした。

 また初挑戦の歌&ダンスについては、「人前で歌ってみたらすごく気持ちよくて楽しくて、アイドルの気持ちがすごくわかりました。ハマりそうです」と充実の様子。「踊る、歌うは苦手分野だったし、すごく恥ずかしかったけど、すべてがそぎ落ちて殻が破れた感じがして、今後いろんなことに生かせる気がします」と話している。

 ドラマ「CRAZY」は、「仮面ライダーウィザード」の奥仲麻琴、人気グラビアアイドル・都丸紗也華、元「palet」の君島光輝、袴田吉彦、松島庄汰、森田甘路らが共演する。10月5日からTOKYO MXとサンテレビで放送。