米俳優ビル・プルマン(「インデペンデンス・デイ」)が主演する新作西部劇「The Ballad of Lefty Brown(原題)」に、ピーター・フォンダ、ジム・カビーゼル、キャシー・ベイカーらが出演することがわかった。

 ジャレッド・モシェが監督と脚本を務める本作は、1890年の「フロンティアの消滅」、つまり白人がネイティブアメリカンから土地を奪い尽くしたとされる時期を背景にしている。

 牧場経営者のエドワード・ジョンソンをフォンダ、上院議員に選ばれたジョンソンに代わって牧場を運営する“レフティ・ブラウン”をプルマン、ジョンソンの妻をベイカー、知事のジェームズ・リースをカビーゼルが演じる。ジョンソンが牛泥棒に射殺され、レフティ・ブラウンが犯人を追跡するというストーリーだ。

 米Deadlineによれば、撮影はすでに米モンタナ州で始まっているという。