カナダ出身の女優アンナ・パキン(「ピアノ・レッスン」「トゥルーブラッド」)が、カナダCBC局の新ドラマ「Bellevue(原題)」に主演することが決定した。

 米Deadlineによれば、本作は労働者階級の人々が住む保守的なカナダの田舎町を舞台に、地元の刑事アニー・ライダー(パキン)はトランスジェンダーのティーン失踪事件を調査するうち、彼女がよく知る人物たちに疑惑の目を向け始める、というクライムサスペンス。アニーの恋人役をアレン・リーチ(「ダウントン・アビー」)が、上司役をショーン・ドイル(「ハウス・オブ・カード 野望の階段」)が演じる。

 女優から脚本家に転身したジェーン・マッグス、ベテラン監督・プロデューサーのアドリエンヌ・ミッチェルによる作品で、1話/1時間、全8話構成で描かれる。9月19日にモントリオールでクランクインし、2017年冬に放送の予定。

 なお、パキンはカナダ人作家マーガレット・アトウッドの長編小説「またの名をグレイス(原題:Alias Grace)」をCBSと米Netflixが共同でミニシリーズ化する新ドラマにも出演が決まっており、こちらも17年に放送が予定されている。