第29回東京国際映画祭のラインナップ発表会見が9月26日、東京・虎ノ門ヒルズで行われ、コンペティション部門の16作品などが発表された。会見には、コンペ部門に選ばれた「アズミ・ハルコは行方不明」の主演・蒼井優と松居大悟監督、「雪女」に出演する青木崇高、特集企画「細田守の世界」の細田守監督が出席した。

 松居監督は「3年前に日本映画スプラッシュ部門に参加したことが、作品づくりのモチベーションになっていました」といい、今回のコンペ出品に際し「決定の電話を受けたとき、嬉しくて泣いてしまった」と振り返る。そんな姿に、蒼井は「コンペに選ばれるかドキドキして待っている松居監督を近くで見ていたので、実現してホッとしています」とほほ笑んでいた。

 続けて細田監督は、自身のこれまでを「実写で描けていないことを、アニメでは描けるのではないかと、大きな可能性へのチャレンジを1作ごとに繰り返してきました」と振り返る。そして、「まとまって上映される機会は初めて。とても光栄です。自分ではなかなか過去作を見返しませんが、見に来て下さる皆さんと一緒に作品を振り返り、未来の映画を話し合い、考えていけたらと思います」と意気込んだ。

 今年のコンペ部門には、98の国と地域から1502本の応募があった。16作品を選出したプログラミングディレクター・矢田部吉彦氏は、「今年は難民を扱った映画が非常に多かった。社会性を広く含んだ作品が多く、コンペ部門を通して世界を知ることも目指しています」と述べる。審査委員長をジャン=ジャック・ベネックス(映画監督)、審査委員を平山秀幸(映画監督)、バレリオ・マスタンドレア(俳優)、ニコール・ロックリン(プロデューサー)、メイベル・チャン(映画監督)が務める。

 日本映画スプラッシュ部門については、矢田部氏は「賞の対象にはならないのですが、場外乱闘編を企画しています。オールナイトで3作品をスクリーニングし、東京の夜を熱く盛り上げていきたい」と明かす。アジアの未来部門のディレクター・石坂健治氏は「この部門に限らないが、アジアの女性パワーが台頭著しい」と語り、「見ごたえのある作品を出してくださる女性監督が多い。そしてデジタル時代の特徴か、ほかの職種の方が監督することも多くなり、モノクロの作品も非常に増えている印象がある」と話した。

 現代日本の美意識や文化を象徴する作品を上映するJapan Now部門では、岩井俊二監督を特集。さらに社会現象化している「シン・ゴジラ」「君の名は。」もラインナップされており、アドバイザーの安藤紘平氏は「6月、7月にはすでに作品を決めていまして、世間の評判に惑わされず、コンセプトにのっとり選出したと自負しています。『シン・ゴジラ』以外はすべて、監督がQ&Aに出席してくださいます」とアピールした。

 今年新設のユース部門では、少年・少女が主人公の映画を集めた。プログラミングディレクターの田平美津夫氏は、「日本映画の未来のため、今まで以上に子ども、若者が映画に触れる環境づくりを目指したい。若者が映画館に足を運ばなくなっていますが、若者こそ素晴らしい映画に出合うことを模索してほしい」と思いを込めた。

 また、映画祭の顔となる、フェスティバルミューズを黒木華が務めると発表された。椎名保ディレクター・ジェネラルは、開催に向け「映画祭の主役は、やはり映画。映画を愛し尊敬する人たちが一同に介し、映画を通じ文化交流、人的交流を図る場であると思います」と強調した。第29回東京国際映画祭は、10月25日〜11月3日に東京・六本木ヒルズ、EX THEATER ROPPONGIほかで開催。

【コンペティション】
「7分間」(ミケーレ・プラチド監督)イタリア=フランス=スイス
「誕生のゆくえ」(モーセン・アブドルワハブ監督)イラン
「天才バレエダンサーの皮肉な運命」(アンナ・マティソン監督)ロシア
「ビッグ・ビッグ・ワールド」(レハ・エルデム監督)トルコ
「ブルーム・オブ・イエスタディ」(クリス・クラウス監督)ドイツ=オーストリア
「アズミ・ハルコは行方不明」(松居大悟監督)日本
「ダイ・ビューティフル」(ジュン・ロブレス・ラナ監督)フィリピン
「ミスター・ノー・プロブレム」(メイ・フォン監督)中国
「フィクサー」(アドリアン・シタル監督)ルーマニア=フランス
「パリ、ピガール広場」(モハメド・ブロクバ、エクエ・ラビティ両監督)フランス
「私に構わないで」(ハナ・ユシッチ監督)クロアチア=デンマーク
「空の沈黙」(マルコ・ドゥトラ監督)ブラジル
「サーミ・ブラッド」(アマンダ・ケンネル監督)スウェーデン=デンマーク=ノルウェー
「雪女」(杉野希妃監督)日本
「シェッド・スキン・パパ」(ロイ・シートウ監督)中国=香港
「浮き草たち」(アダム・レオン監督)アメリカ

【特別招待作品】
「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」(スティーブン・フリアーズ監督)
「バース・オブ・ネイション」(ネイト・パーカー監督)
「メッセージ」(ドゥニ・ビルヌーブ監督)
「マイ・ベスト・フレンド」(キャサリン・ハードウィック監督)
「ザ・ネオン・デーモン(原題)」(ニコラス・ウィンディング・レフン監督)
「聖の青春」(森義隆監督)
「この世界の片隅に」(片渕須直監督)
「ミュージアム」(大友啓史監督)
「種まく旅人 夢のつぎ木」(佐々部清監督)
「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」(朝原雄三監督)
「イタズラなKiss THE MOVIE ハイスクール編」(溝口稔監督)