2009年に解散したイギリスの世界的ロックバンド「オアシス」の初のドキュメンタリー映画「オアシス スーパーソニック」が、12月24日から角川シネマ有楽町ほかで日本公開されることが決まった。

 「オアシス」の中心メンバーであるリアム&ノエル・ギャラガー兄弟が製作総指揮を務め、1991年に兄ノエルが弟リアムのバンドに加入して「オアシス」が結成されてから、2日間で25万人を動員した96年の英ネブワースでの公演までの軌跡を追ったドキュメンタリー。「AMY エイミー」で第88回アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞のアシフ・カパデアがギャラガー兄弟とともに製作総指揮に名を連ね、「グアンタナモ、僕達が見た真実」で第56回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したマット・ホワイトクロスが監督を務めた。

 結成から3年足らずでリリースしたファーストアルバム「オアシス」(94)が、イギリス音楽史上最速のスピードで売れたデビューアルバムとなり、その1年後のセカンドアルバム「モーニング・グローリー」(95)は当時、「ザ・ビートルズ」がもっていた英国のアルバム売上記録を更新。翌年、ネブワースで行われた公演も当時の野外コンサート動員記録を更新と、結成からわずか5年で、全世界の音楽シーンの頂点に立ったオアシス。しかし、その頃すでに、バンドメンバーの間には取り返しのつかないひびが入り始めていたという。

 映画は、ギャラガー兄弟に対する新たなインタビューのほか、バンドメンバーや関係者の証言、名曲の数々をとらえた貴重なライブ映像、膨大なアーカイブ資料をもとに製作。一部をアニメーションで再現するなどし、ありのままのオアシスの物語を紡いでいく。

 ホワイトクロス監督は、本作で意図したことについて「バンドの核心を掴むこと、そしてリアム&ノエル・ギャラガーの強烈な関係性を前面に押し出すことです。なぜならその切迫した衝突関係こそが、このバンドを魅力的にしている要素だからです」と明かし、「今こそ、世界中の人々が失ったものを思い出す時です。オアシスは永遠です」とコメントを寄せている。