綾瀬はるか主演の「本能寺ホテル」が2017年1月14日に全国公開されることが決定し、あわせて特報映像とポスタービジュアルがお披露目された。

 日本史最大の謎といわれる“本能寺の変”を題材にした完全オリジナルストーリー。400年の時を超え、本能寺の変の前日に迷い込んでしまう主人公・繭子に綾瀬、冷酷非道ながらも人情味のある織田信長役に堤真一、監督には鈴木雅之と、興行収入16.2億円の大ヒット作「プリンセス トヨトミ」の製作・出演陣が再集結した。信長の小姓・森蘭丸役を濱田岳が演じるほか、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫らが脇を固め、奇想天外かつファンタジックな雰囲気の中、時代を越え築かれる人間模様を描く。

 時は1582年、天下統一を目前に控えていた織田信長(堤)は、蘭丸(濱田)ら少数の家臣とともに京都・本能寺に滞在している。そんな折、「400年後の未来からやってきた」という風変わりな女・繭子(綾瀬)が出現する。繭子自身、わけの分からぬまま信長や蘭丸と交流を深めていくうちに信長の人間味にひかれていくが、やがて迷い込んだのが本能寺の変の前日だと気付く。

 現在と過去の世界が交錯するスピード感たっぷりの特報では、繭子(綾瀬)が宿泊していたホテルのエレベーターが400年前の本能寺とつながっているという設定が説明され、炎に包まれた本能寺や大迫力の合戦、武具をまとった信長(堤)の姿が映し出される。「遺体消失の謎」「明智の謀反」といった歴史ミステリーらしいキーワードに加え、金平糖や胃腸薬など、どのようにストーリーに関連するのか想像がつかないアイテムも登場し、先の読めない展開を予感させる。