「リトル・ミス・サンシャイン」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の米俳優ポール・ダノの監督デビュー作「Wildlife(原題)」に、ジェイク・ギレンホールとキャリー・マリガンが主演することがわかった。

 本作は、米作家リチャード・フォードの同名小説の映画化。1990年に発表された原作「Wildlife(原題)」は、米モンタナ州を舞台に、両親の結婚生活が崩壊していくなかで生きる16歳の少年ジョー・ブリンソンの成長を描く。脚本をダノとゾーイ・カザンが共同で執筆した。

 ギレンホールとマリガンの役どころは不明だが、両親(夫婦)役ではないかと推測される。ふたりは2009年の「マイ・ブラザー」で初共演した。また、ダノとギレンホールは2013年の「プリズナーズ」、そして現在製作中のポン・ジュノ監督のモンスター映画「Okja(原題)」でも共演している。