第68回プライムタイム・エミー賞授賞式の全米視聴者数が、史上最低を記録したとDeadlineが報じた。

 エミー賞は、アメリカのテレビ業界で最高の権威とされる賞。今年は人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が最多12冠に輝いたほか、ラミ・マレックやタチアナ・マズラニーが主演賞を初受賞するなど、見どころが多かった。

 だが、全米視聴者数は前年対比5%減の1130万人で史上最低を記録。米NBCがNFL中継を行ったほか、米CBSが二夜連続でジョンベネちゃん殺人事件を検証する特別番組「The Case Of: JonBenet Ramsey」をぶつけてきたためだという。

 視聴者数では苦戦したものの、多様性を重視した受賞結果、ジミー・キンメルの司会術は批評家の高い評価を受けている。