北川景子が主演する法医学ミステリー「連続ドラマW ヒポクラテスの誓い」の完成披露試写会が9月27日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、北川をはじめ、共演の柴田恭兵、尾上松也が舞台挨拶に立った。

 中山七里氏の推理小説を原作に、法医学の世界に足を踏み入れた女性研修医・栂野真琴が、人間の生死に関わる人々の葛藤や苦悩を目の当たりにするなかで、医師として成長していく姿を描く。

 医療ドラマに初挑戦した北川は、劇中衣装の白衣姿で登場。「白衣をちゃんと着させていただくのは初めてなので、これでいいのかなと。柴田さんは着慣れているので、恥ずかしいです」と照れ臭そうに語る。さらに「WOWOWも初めて、医療用語も初めて。やってる時は初めて尽くしでいっぱいいっぱいだった。今思うと追い詰められていた」と撮影時を振り返り、「今回は完成した作品を見て達成感を感じた現場でした」と明かした。

 一方、撮影時の思い出を問われた柴田は「解剖室のセットに本物の内蔵、いろんな臓器の部位が置かれていた。これは焼肉とかホルモン鍋とかは、撮影が終わるまで無理だなと思っていた。そしたらある日のお昼に、『北川さんからの差し入れです。焼肉弁当です。すき焼き弁当です』って(笑)。気が付いたらぺろっと食べてました」と告白。笑いが沸き起こるなか、北川も思わず吹き出し「すみません!」と謝罪していた。

 北川、柴田、尾上は本作が初共演。柴田は北川の印象を「“家売る”北川さんも素敵ですが」と北川が主演した人気ドラマ「家売るオンナ」を引き合いに出し、「こっちの作品を先に撮っていたのですが、今回は本当に素直で純粋で、初々しく素敵な役。こっちの作品で全部出しきったから、あの作品に向かっていけたんだと思う」と話して、客席の笑いを誘った。

 サービストークの連続で会場を盛り上げる柴田を見ていた北川は、「柴田さんたち先輩は現場の空気作りも長けていた。そういう部分も今後をやっていけたらいいな」と表情を引き締めた。「連続ドラマW ヒポクラテスの誓い」は、10月2日から毎週日曜午後10時放送。第1話は無料放送。