イタリアのアカデミー賞に当たるダビッド・ディ・ドナテッロ賞で、最優秀作品賞など7部門を制したサスペンス「人間の値打ち」の本編映像が、公開された。

 「見わたすかぎり人生」のパオロ・ビルツィ監督が撮り上げた本作は、ある夜起こったひき逃げ事件を境に変容していく人間の関係性を、3人の登場人物の視点で多層的に描く。不動産業を営むディーノ(ファブリッツィオ・ベンティボリオ)と、その娘で女子高生のセレーナ(マティルデ・ジョリ)、セレーナの恋人の母カルラ(バレリア・ブルーニ・テデスキ)はそれぞれに現状に悩みを抱えていた。映画は4章仕立てで、事件の真相を追うと共に、事件と何かしらの接点を持つ3人の秘密をひも解いていく。

 本編映像では、ディーノ、セレーナ、カルラが一堂に会するシーンをそれぞれの目線で切り取っている。セレーナを車で恋人の家に送ってきたディーノは、家を出ようとしていたカルラと遭遇。「お嬢さんは我が家の人気者よ」(カルラ)、「娘もお宅の話ばかりするのでやけます」(ディーノ)と表層的なやり取りを繰り広げる。

 ディーノと別れたカルラは、運転手を伴って買い物に行くが、心ここにあらずの状態で予定をまったく決められない。セレーナは、カルラの前では恋人と仲むつまじいふりをする反面、2人きりになったとたんに表情を曇らせる。虚栄心の強いディーノ、お飾りの妻としての日々に空虚さを抱えるカルラ、恋人との関係に悩むセレーナといったそれぞれのキャラクターの内面が象徴されたシーンとなる。

 「人間の値打ち」は、10月8日から全国公開。