女優の沢尻エリカが9月28日、東京・渋谷のNHKで行われた番組「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」の会見に出席。沢尻が番組MCを担当すると発表され、MC初挑戦への意気込みを語った。

 ダイアナ妃の事故死、ベルリンの壁崩壊、ビートルズ来日など、人々が固唾をのんで見守った事件に焦点を当て、残された映像や写真などから出来事の“知られざる物語”を浮き彫りにするドキュメンタリー番組。沢尻は前MCの真木よう子に代わり、10月12日放送の「スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ」から登場し、NHK番組に初めてレギュラー出演する。

 収録を終えた直後の沢尻は、「初めて尽くしです。ドキュメンタリーは大好きで、ナレーションやナビゲーターをいつかやってみたいと思っていました」とニッコリ。一方でオファー当初を「『私でいいんですか』とマネージャーに聞き直したくらいです」と苦笑交じりに振り返った。

 それでも、「芝居しているときとはまったく別世界。声だけで伝えることは新鮮なことで、難しいですが、楽しみながらやれています」と充実の面持ち。「芝居とはまた違うフィールドで、自分の成長につなげられる、新しいステージとして挑戦しています」と真摯に語り、「皆さんに見てほしいです」とまっすぐな眼差しで呼びかけた。

 また、かつて「別に」発言で話題をさらった沢尻だが、報道陣の「自身の運命の分岐点は?」との質問には身をよじって大笑い。「いろいろありましたねえ」とほほ笑みながら、「芸能界に入ったことが運命の分岐点かなと思いますね」と答えた。

 さらに久保健一プロデューサーは、起用理由を「最大の理由は、タフな女性が欲しかったということに尽きます」と説明。続けて「歴史的事件の当事者には、絶頂もどん底も味わった人が登場します。ナビゲートする人にも、相応の強さが必要。波乱万丈な人生にも負けないタフさを持つ沢尻さんが、真っ先に頭に浮かびました」と詳述すると、沢尻は「気持ち的にはタフですが、忙しくなると体にじんま疹が出てくる。体は正直ですね」と話していた。

 「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」は、毎週水曜午後9時からNHK BSプレミアムで放送。