ギレルモ・デル・トロ監督のSF怪獣アクション映画「パシフィック・リム」の続編「Pacific Rim: Maelstrom(原題)」のヒロインに、18歳の米女優で歌手のケイリー・スパニーが抜擢された。

 スパニーは、これまで2本の映画に端役で出演したのみで、現時点ではほぼ無名の存在。インスタグラムには約7000人のフォロワーがおり(@caileespaeny)、シンガーとして毎月新曲を公開しているようだ。

 「Pacific Rim: Maelstrom(原題)」には、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のフィン役でブレイクしたジョン・ボヤーガが主演。前作でイドリス・エルバが演じたキャラクターの息子役を演じる。また、スコット・イーストウッド(「スーサイド・スクワッド」)の出演も予定されている。一方、前作に主演したチャーリー・ハナムは続投しないことがわかっている。

 続編では、デル・トロはスケジュールの都合から原案・プロデューサーとしての参加で、米ドラマ「Marvel デアデビル」で製作総指揮を務めたスティーブン・S・デナイトが監督、「ジュラシック・ワールド」のデレク・コノリーが脚本を手がける。

 米ユニバーサル・ピクチャーズの配給で、2018年2月23日の全米公開が予定されている。