「バトルシップ」「ローン・サバイバー」のピーター・バーグ監督が、米軍特殊部隊の訓練に一般人が挑戦する視聴者参加型番組「The Selection: Special Operations Experiment」のプロデュースを手がけることがわかった。米バラエティによれば、米ヒストリーチャンネルが同作のシリーズ化にゴーサインを出したという。

 「The Selection: Special Operations Experiment」では、30人の従軍経験のない男女が、米海軍特殊部隊(ネイビーシールズ)や米陸軍特殊部隊(グリーンベレー、アーミーレンジャー)出身の退役軍人が指導する、肉体的・精神的訓練に挑む。

 番組は競争形式ではなく、賞金などもない。参加者は無理だと思ったらいつでも辞めることができるというが、「自分との戦い」がテーマのシリアスな内容になっている。全8エピソードから構成され、ヒストリーチャンネルで12月15日から放送開始を予定。

 バーグ監督は、マーク・ウォールバーグが主演した「ローン・サバイバー」でも、実話に基づくネイビーシールズの実態を描いている。