福士蒼汰本広克行監督のタッグで人気漫画を実写映画化する「曇天に笑う」に、俳優の池田純矢、若葉竜也、奥野瑛太が出演していることがわかった。大蛇を利用し政府転覆を目論む忍者集団・風魔一族で、映画オリジナルキャラクターの迅影(池田)、霧生(若葉)、雷牙(奥野)に扮する。

 今作は、2011〜13年に「月刊コミックアヴァルス」(マッグガーデン刊)で連載された唐々煙氏の同名漫画を映画化したもの。明治維新後の滋賀・大津を舞台に、300年ごとによみがえる大蛇(オロチ)を封印するために立ち上がった曇天三兄弟と、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲、大蛇を利用し政府転覆を目論む忍者集団・風魔一族の三つ巴の戦いを描く。

 池田は、「基本的には自由にお芝居をさせていただき、のびのびと役と向き合えました」と話す一方で、大掛かりなシーンでは本広監督から細かく説明を受けたと明かし、「明確なビジョンがあるのだと感じ、心より信頼し撮影に臨めました」と“本広組”での撮影を述壊。アクションシーンのすべてを自ら演じたといい、「吹き替え(アクションスタント)かな? CGかな? と思っていただけるようなカットもたくさんあります」と出来栄えに自信をのぞかせる。

 また、若葉は「脚本に、すごくサラッと『煙とともに消える』って書いてあって、こりゃ大変だぞ……と思いました」と本音を吐露。奥野も「壮大なファンタジーと膨大なアクションに正直驚きました」といい、統一された忍者の動きのなかで「個々人の特徴を持たせることが難しかった」と苦労を明かす。それでも、「スタッフの皆さん、役者の皆さんの絶対的熱量にあふれた現場でしたので、その熱気が画面を通して伝わっていることを願っています」と手応えを語っている。

 「曇天に笑う」は、福士、池田、若葉、奥野と中山優馬、若山耀人、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹らが共演。2017年に全国で公開予定。