3度のアカデミー賞に輝く巨匠アン・リーの最新作「Billy Lynn's Long Halftime Walk(原題)」が、「ビリー・リンの永遠の一日」の邦題で来年2月に公開されることがわかった。

 今作は、米作家ベン・ファウンテンによる同名小説を映画化したもの。イラク戦争での勇姿がメディアに取り上げられ、19歳で一躍英雄となった米人青年ビリー・リンの戦争体験と内に秘めた葛藤を描く。ラスト12分間は、映画史上初となる1秒間に120フレームを収める最新映像技術を駆使した、リー監督渾身のシーンとなっている。

 主人公ビリー役には無名の新人俳優ジョー・アルウィンが抜てきされ、クリステン・スチュワート、クリス・タッカー、ギャレット・ヘドランド、ビン・ディーゼル、スティーブ・マーティンらと共演する。

 故郷に一時帰国したビリーは、凱旋ツアーで自分がヒーローとして扱われることに違和感を覚え始める。そして戦地へ戻る前日、アメリカン・フットボールのハーフタイムイベントに大歓声で迎えられたビリーは、現在目の前で起こっていることとつらい戦争の記憶が交差する、永遠のような時を経験する。

 「ビリー・リンの永遠の一日」は、2017年2月11日から公開。