市川猿之助による「スーパー歌舞伎II『ワンピース』」を映画化した「シネマ歌舞伎 スーパー歌舞伎II ワンピース」の場面写真が公開され、猿之助が主人公ルフィ、ハンコック、シャンクスの3役に扮した姿が披露された。

 「シネマ歌舞伎」シリーズ第25弾となる本作は、単行本の累計発行部数が3億2000万部を誇る尾田栄一郎氏の人気漫画「ONE PIECE」を歌舞伎化した「スーパー歌舞伎II『ワンピース』」の舞台の模様を映画館で上映する。同舞台は原作漫画の「頂上戦争編」を描いており、ルフィが処刑宣告を受けた兄・エースの救出に向かったことから巻き起こる壮絶な決戦がつづられる。

 場面写真は、ルフィ、ハンコック、シャンクスの3役に挑んだ猿之助が、舞台上で変幻自在の大活躍を見せる様子を切り取っている。ゴム人間であるルフィを演じる際には、腕や足が伸びる様を黒衣を使って再現(プロジェクションマッピングを用いる場合もある)。一方、絶世の美女である女帝・ハンコックは、女方の経験を生かし、憂いを帯びた表情で妖艶な魅力を表現している。さらに、ルフィのあこがれの存在・シャンクスのトレードマークである赤髪や左目の傷も“完コピ”。麦わら帽子を胸に抱え、厳しい表情で遠くを見つめており、アニメ版にも負けない存在感を漂わせている。

 「シネマ歌舞伎 スーパー歌舞伎II ワンピース」は、10月22日から東京・東劇、新宿ピカデリーほか全国で公開。