女優の天海祐希が、広瀬すず主演映画「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」に出演していることがわかった。広瀬演じる主人公・友永ひかりが所属するチアダンス部JETSの顧問で、生徒たちに恐れられている鬼教師・早乙女薫子に扮する。

 厳しい規則で部を統率し、熱くチームを鼓舞する早乙女役を熱演した天海に、JETSのモデルで、今作のダンスコーチを務める福井県立福井商業高校チアダンス部のOGも「(実際の)顧問の先生とそっくりです!」と太鼓判を押している。

 天海は、役さながらに教師と生徒のような関係性を築いた若手女優たちを「ものすごく努力していました」「この数カ月ですごく大きくなったと思います」と評価。次世代を担う後輩たちのパワーに感心し、「特に広瀬さんの負けん気の強さにはびっくりさせられました。同世代のメンバーで切磋琢磨した経験は必ず彼女たちの財産になるはずです」とエールを送っている。

 2009年に福井商業高校のチアリーダー部JETSが、全米チアダンス大会で優勝した実話を映画化。チアダンス部に所属する普通の女子生徒たちが、「目標は全米大会制覇!おでこ出し絶対!恋愛禁止!」をスローガンに掲げる顧問・早乙女の指導で成長し、たった3年で全米大会を制するまでの軌跡を描く。

 「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」は2017年3月公開。