「手裏剣戦隊ニンニンジャー」のモモニンジャー役で注目を集めた若手女優・山谷花純が初主演した映画「シンデレラゲーム」が10月1日、東京・シネマート新宿で封切られ、山谷をはじめ、共演の吉田明加、春川芽生、佐々木萌詠、清水あいり、阿知波妃皇、其原有沙、水木彩也子、西岡璃南、加納隼監督が舞台挨拶に立った。

 初主演に臨んだ山谷の印象を問われた加納監督は「凛としていました。貫禄もあったが、撮影が終わった瞬間、張り詰めた糸がプツンと切れたように脱力し、泣き、『しんどかった』と心から言っていた。『毎日殺されるんじゃないかと思って現場に来ていた』と」と告白。山谷も「怒とうの撮影のなか、人の死に敏感な役だったこともあり、自分を追い込んだ方がプラスになると思った。初めての主演なので、特別な思いがあった」と感慨深げに振り返った。

 さらに山谷は「私事ですが、この作品のクランクインの日に大切な人が亡くなりました」と明かす。そして、時折声を震わせながら「夢を追いかけるということは得るものも多いけれど、なくすものも多いなと役を通して強く感じることができた。そんな作品でした」と言葉を振り絞る。そのうえで、「夢は、1人で叶えることができないからこそ、沢山の人の力を借りて一歩一歩成長していけたらいいなと改めて思わせていただいた」と思いの丈を語り、晴れ晴れとした笑顔を浮かべた。

 映画は、無人島に集められた落ちこぼれアイドルたちが、生死をかけたカードバトルに挑むシチュエーションスリラー。ストーリーとかけて「裏切られた経験」を聞かれた、元「乙女新党」メンバーの其原は「アイドルをやっていた時に、ファンの人に『有沙ちゃんを推すから』って言われた。でも次の日に他の子のペンライトを持っていて、やられたなって(笑)」と苦いエピソードを披露した。

 この日は、キャスト全員が劇中の衣装で登場した。グラビアアイドルの清水は水着姿のため「グラビアでは水着でも問題ないが、こういう現場だと(バストが)出ないように気を付けながらやらせていただきました。無事でした」と暴露し、会場の笑いを誘った。