「EXILE TRIBE」のメンバーが総出演する映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」に主演するTAKAHIRO(EXILE)と登坂広臣(三代目J Soul Brothers)が9月29日、台湾で行われた同作のインターナショナルプレミアイベントに出席。レッドカーペットに集まった約1000人のファンに中国語で挨拶し、会場を沸かせた。

 映画は、5つのチームが抗争を繰り広げながら絆を深めていく青春アクション映画の第2弾。前作で「SWORD地区」一帯を支配していた雨宮兄弟の次男・雅貴(TAKAHIRO)と、三男・広斗(登坂)に焦点を当てた物語が紡がれる。

 今回初めて台湾を訪れたというTAKAHIROは、「国の境を越えて皆さまに『HiGH&LOW』を期待していただいて嬉しく思っています。雨宮兄弟はすべてのキャラクターの中で一番謎に含まれているキャラクターなので、この映画で全貌が明らかとなり、色々なベールを剥がしていければと思っています」と期待をあおる。一方の登坂も、「兄弟の絆、家族の絆、アクションシーン、見どころがたくさんあります」とアピールを忘れない。

 レッドカーペットのあとに行われた舞台挨拶では、「広斗はアクション含めすべての表情に余裕があり、醸し出す雰囲気がうらやましく僕も一生懸命真似していました(笑)」(TAKAHIRO)、「雅貴はいつもふざけているのに、シリアスなシーンでは、いつもと違うスイッチが入ったときのかっこよさがあって、真似したいです」(登坂)とほめそやし合戦を展開。また、観客からの「もし雨宮兄弟の弟に名前を付けるなら?」との質問に、TAKAHIROが「たかおみ! TAKAHIROと広臣を混ぜて」と答え、仲の良さをうかがわせた。

 「HiGH&LOW THE RED RAIN」は、10月8日から全国で公開。また、韓国での配給が決定している。